PR

「a lot of」と「lots of」の違いは?使い方・例文を紹介

脱毛

「”a lot of”と”lots of”の違いって何?」そんな疑問を持ったことはありませんか?

この記事では、この疑問を解決するだけでなく、”a lot of”を含む他の表現もわかりやすく解説します。

英語で「たくさん」と言いたい時どの表現が最適かを知ることでより自然な英語が話せるようになります。

ぜひ読んで、英語の表現力を上げましょう!

「a lot of」と「 lots of」 違いは?

“a lot of” と “lots of” は、どちらも「たくさんの」という意味で違いはほとんどありません。

ただし“a lot of” は少しフォーマルな感じがして”lots of” はカジュアルな感じがあります。

例えば下の文章は同じ意味です。

I have a lot of friends.
私はたくさん友達がいます。

I have lots of friends.
私はたくさん友達がいます。

A lot of 使い方は?

“a lot of” は、たくさんのものや数量を表現する際に使います。

名詞の後ろに置く

  • “I have a lot of books.”
    私はたくさんの本を持っています。

数えられない名詞にも使えます

  • “She has a lot of patience.”
    彼女はとても我慢強いです。

不特定の数量を指す際に使う

  • “There are a lot of people at the concert.”
    コンサートにはたくさんの人がいます。

疑問文や否定文でも使えます

  • “Do you have a lot of experience in this field?”
    この分野でたくさんの経験がありますか?
  • “I don’t have a lot of time today.”
    今日はたくさんの時間がありません。

“a lot of” はカジュアルな言葉で日常会話や文章でよく使われます。

どんな名詞にも合わせて使えるので、便利な表現です。

「A lot of」と「tons of」の違いは?

“a lot of”と”tons of”も、両方とも「たくさんの」という意味です。

しかし、“tons of”はもっと強調しています。

“Tons of”は、とてもたくさん、本当に多いということを表現したいときに使います。

例えば、

  • “I have a lot of homework.
    私は宿題がたくさんある。
  • I have tons of homework.
    私は宿題が本当にたくさんある。

“tons of”の方が、もっと多いと感じさせる表現です。でも、普通の会話では、どちらもよく使われます。

ちなみに”ton”は「トン」という単位で、とてもたくさんとイメージが伝わってきますね。

A lot of と lots of と plenty of の違いは?

“a lot of”、”lots of”、”plenty of” は、全部「たくさんの」という意味で使います。

違いは少しだけです。

“a lot of” と “lots of”:これらはほとんど同じで、上で説明したように”a lot of” の方がフォーマルな場合に使うといいでしょう。

“plenty of”:これも「たくさんの」という意味ですが、十分でさらに余るというニュアンスがあります。

  • “I have a lot of apples.”(私はりんごをたくさん持っている)
  • “I have lots of apples.”(私はりんごをたくさん持っている)
  • “I have plenty of apples.”(私はりんごを十分以上に持っている)

“plenty of”は、ただ多いだけでなく、必要以上にあるという感じがします。でも、普通の会話でこれらはよく使われ、大きな違いはありません。

A lot of は単数扱い?

“a lot of” は単数でも複数でも使えます。

後に来る名詞や動詞によって変わります。

複数名詞の場合:複数扱い

“A lot of people are coming.”
たくさんの人が来ている

単数名詞(不可算名詞)の場合:単数扱い

“A lot of water is needed.”
たくさんの水が必要です

このように”a lot of” 自体は単数扱いでも複数扱いでもあり得ます。

Many peopleとa lot of peopleの違いは?

“many people”と”a lot of people”は、両方とも「たくさんの人々」という意味で違いはフォーマルさの程度です。

  • “Many people are coming to the party.”
    多くの人がパーティーに来ています
  • “A lot of people are coming to the party.”
    たくさんの人がパーティーに来ています

両方とも「たくさんの人が来ている」という意味ですが、”many”は少しフォーマルな印象を与えることがあります。

それ以外はほとんど違いがありません。どちらを使うかは、話している状況や好みによります。