PR

「どんな時もそばにいるよ」は英語で何て言うの?

脱毛

皆さんは大切な人に「どんな時もそばにいるよ」と伝えたい時がありますよね。

心を込めたこのフレーズは人との強い絆を示します。

この記事では英語でどんな時もそばにいるような温かい気持ちをどう表現するかを解説します。

大切な人へのサポートの気持ちを英語で表す方法を知ると、もっと心に響く言葉が見つかりますよ。

「どんな時もそばにいるよ」の英語の説明と注意点

「どんな時もそばにいるよ」は英語で「I’m always there for you」と表現します。

これは支えとなり、助けを提供する準備があることを示すフレーズです。

Remember, no matter what happens, I’m always there for you.
覚えておいて、何が起きても、いつもそばにいるから。

ただし、このフレーズは非常に個人的なつながりや深い関係で使うのが一般的ですよね。

「どんな時もそばにいるよ」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

If you need someone to talk to, I’m here.
話したいことがあれば、私がいます。

モカ
モカ

Thank you, it means a lot to know you’re always there for me.
ありがとう、君がいつもそばにいてくれるって知ると心強いよ。

「心はいつもあなたのそばに」は英語で何て言うの?

「心はいつもあなたのそばに」は英語で「My heart is always with you」と言います。

このフレーズは物理的には離れていても、心の中ではいつも近くにいることを伝えます。

  • No matter where I am, my heart is always with you.
    僕がどこにいても、心はいつも君と一緒だよ。

しかし心はいつもあなたのそばにと言う時は、本当にその人のことを思っていることを確認しましょうね。

「君のそばにいるよ」は英語で何て言うの?

「君のそばにいるよ」を英語で表すと、「I’ll be by your side」となります。

このフレーズは支えが必要な人へ、そばにいて支援する意志があることを示す時に使います。

I’ll be by your side whenever you need me.
君が必要とする時はいつでも、そばにいるよ。

ちなみに君のそばにいるよと約束する時は、それを守ることが大切ですね。

「ずっとそばにいるは」英語で何て言うの?

「ずっとそばにいる」を英語で伝えるなら、「I will always be by your side」と言います。

これは長期にわたって支援を約束する時に使用するフレーズです。

  • I promise, I will always be by your side.
    約束するよ、ずっとそばにいるから。

つまりI will always be by your sideと言うことで、いつまでも支えるという強い約束を表現するんです。

「そばにいるよ」の英訳は?

「そばにいるよ」と英語で伝えたい時は、“I’m here for you” と言えます。

I’m here for you whenever you need me.
必要な時はいつでもそばにいるよ。

このフレーズは、支えや援助を提供していることを示す優しい言い方ですね。

英語で「そばにいるよ」と言いたいのですが?

一言で「そばにいるよ」と言いたい時は、“I’m by your side” というフレーズがぴったりです。

  • I’m by your side, always.
    いつもそばにいるよ。

このフレーズはどんな時もそばにいて支えるという強い意志を表していますね。

「どんな時でもあなたの味方」英語?

「どんな時でもあなたの味方」を英語で言うときは、“I’m always on your side” や “I’m always here to support you” が相応しいです。

I’m always on your side, no matter what.
どんな時もあなたの味方だよ。

これは、どんな状況でも支持しているという信頼感を与える言葉ですね。

「どんなときも大丈夫」という意味の英語は?

「どんなときも大丈夫」という意味を込めた英語では “You’ll be fine no matter what” と表現できます。

  • You’ll be fine no matter what happens.
  • 何が起きても大丈夫だよ。

この表現は、どんな困難も乗り越えられるという安心感を相手に伝えるのに使えますね。

記事は見つかりませんでした。