PR

「後で電話します」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

電話をかけたけど相手と話をできなかったときどうしますか?

そんな場合に使える後で電話するときの一言」を英語で言いましょう。

今回は「後で電話します」を英語で表現する方法を分かりやすくご紹介します。

「後で電話します」の英語の説明と注意点

「後で電話します」は英語で“I’ll call back later”と言います。

しかし、この表現は、再度電話するという意思を相手に伝えるためのものです。

そのため、直訳すれば「後で戻ります」となりますね。

“I’ll call back later.”
後で電話をかけ直します

「後で電話します」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

“Hey, I’m in a meeting right now. I’ll call back later.”
(今、ミーティング中なんだ。後で電話します。)

モカ
モカ

“No problem. Talk to you later.”
(問題ないよ。後で話すね。)

「後で電話します」に関連する英語表現

また、電話に関する英会話表現としては、「I’ll call you back as soon as I can」(できるだけ早くあなたに電話をかけ直します)という表現もよく使われますね。

“I’m a bit busy right now. I’ll call you back as soon as I can.”
今、少し忙しいんです。できるだけ早くあなたに電話をかけ直します

ちなみに、「I’ll give you a ring later」も「後で電話します」の意味で、より口語的な表現です。

「後で電話します」を英語で聞いてみよう

この表現を英語で聞くと、ネイティブスピーカーは短く速く発音します。

そうすると、聞き取りが難しくなることもあります。だからこそ、聞き慣れることが大切なんです。

I’ll call you back for some reactions later.
リアクションを知りたいから後で電話します。

私が「後で電話します」を覚えた体験談

この「I’ll call back later」を覚えたきっかけのエピソードをお話ししますね。

それは私が月一で行っているボランティアの活動でのこと。

私たちは、図書館での読み聞かせをしています。

ある時、活動中に突然携帯が鳴ってしまいました。

まさに読み聞かせのクライマックスで、一瞬固まってしまいました。

慌てて電話を切り、「後で電話します」とメッセージを送ったのですが、どう書けばいいのか分からず時間がかかってしまいました。

その時に、ふと「I’ll call back later」のフレーズを思い出しました。

この経験から、「I’ll call back later」の重要性を身にしみて感じました。

それ以来、電話に関する表現は特に意識して学ぶようになりました。

「後で電話してもいいですか」は英語で何て言うの?

「後で電話してもいいですか」は英語で “Can I call you back later?”と表現します。

直訳すると、「後であなたに電話をかけ直してもいいですか?」となりますね。

“Can I call you back later?”
「後であなたに電話をかけ直してもいいですか?」

「伝言をお願いできますか」は英語で何て言うの?

「伝言をお願いできますか」を英語で表現すると “Can you take a message?”となります。

このフレーズは、相手に伝言をメモしてもらう際に使う表現です。

“Can you take a message?”
「伝言を受け取ってもらえますか?」

「後でメールします」は英語で何て言うの?

「後でメールします」は英語で「I’ll email you later」と表現します。

「I’ll email you later」は、メールでの連絡を少し後にすることを伝える時に使います。

  • I’ll email you later with the details.
    詳細は後でメールします。

しかし「I’ll email you later」は曖昧な時期を示すので、具体的な時間を伝える場合は、「I’ll email you this afternoon」や「I’ll email you by tomorrow」といった表現を使うと良いですよね。

「後で電話します」のビジネス英語は?

ビジネスシーンで「後で電話します」と伝える場合は、「I’ll give you a call later」という表現が適しています。

I’ll give you a call later to discuss the project.
プロジェクトについて話すため、後でお電話します。

ちなみに、「I’ll give you a call later」はフォーマルな表現なので、ビジネスシーンで使用するのに適しています。

「後で連絡します」は英語で何て言うの?

「後で連絡します」というフレーズは、「I’ll get in touch with you later」と英語で言います。

この表現は、後で何らかの方法で連絡することを伝える時に使います。

  • I’ll get in touch with you later with the information.
    情報が手に入り次第、後で連絡します。

つまり、「I’ll get in touch with you later」と言うことで、連絡を保留していることを相手に伝えることができるんです。

「後で連絡します」のビジネス英語は?

ビジネスの場面で「後で連絡します」と伝える際は、「I’ll contact you later」という表現を使います。

I’ll contact you later to finalize the details.
詳細を最終的に決めるため、後で連絡します。

つまり、「I’ll contact you later」はビジネスシーンでの連絡を予告する際に用いる適切な表現です。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

1: If you’re not available to take my call, could you please ____ for me?
もし電話に出られない場合、代わりに___してもらえますか?

A) Make a note
B) Take a message
C) Receive a call

2: I’m in a meeting right now. __?
今、会議中なんです。_?

A) Can I call you back later?
B) Can I write you an email?
C) Can I send you a message?

3: I tried to reach you but couldn’t. Can I __?
あなたに連絡を試みましたができませんでした。_?

A) Call you back later
B) Write you an email
C) Send you a text

答え:

B) Take a message
A) Can I call you back later?
A) Call you back later

このクイズを通じて、今回学んだ表現がしっかりと身についていることを確認できましたね!

これらのフレーズは日常的な英会話に頻繁に登場するので、覚えておくととても役立つでしょう。

記事は見つかりませんでした。