PR

「とらぬ狸の皮算用」は英語で何て言うの?

脱毛

英語学習をもっと楽しく、もっと身近なものにしませんか?

本記事では、お馴染みの生き物や日常生活で使う単語から、その英語表現を学びましょう。

さらに、実際に使えるクイズも準備していますよ!

「とらぬ狸の皮算用」の英語の説明と注意点

英語で「とらぬ狸の皮算用」は “Counting your chickens before they’re hatched” と言います。

直訳すると「卵が孵る前に鶏を数える」となりますね。

Don’t count your chickens before they’re hatched. 「結果が出る前に楽観的な予想をしないでください。」

しかし、「とらぬ狸の皮算用」という言葉は日本独特の比喩表現で、そのまま英訳すると意味が伝わらないこともあります。

そのため、文脈によって適切な表現を選ぶことが大切なんです。

「とらぬ狸の皮算用」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

I know you’re excited about the job, but don’t count your chickens before they’re hatched. 「その仕事に興奮してるのはわかるけど、まだ結果が出る前に楽観的な予想をしない方がいいですよ。」

モカ
モカ

He’s counting his chickens before they’re hatched, thinking he’s already won the lottery. 「彼はもう宝くじに当たったと思い込んでいますね、まさにとらぬ狸の皮算用ですよね。」

「とらぬ狸の皮算用」に関連する英語表現

英語には「Don’t put the cart before the horse」いう表現があります。

これは「馬車を馬の前に置くな」という意味で、「とらぬ狸の皮算用」と同じように、物事の順序を間違えないようにという教訓を表しています。

He always puts the cart before the horse when making plans. 「彼は計画を立てるときいつも物事の順序を間違えます。」

ちなみに、この表現も口語表現で、ビジネスの会話などでもよく使われます。

「とらぬ狸の皮算用」を英語で聞いてみよう

音声教材やYouTubeなどで「Counting your chickens before they’re hatched」の発音を聞いてみてください。

特に ‘hatched’ の ‘tch’ の音は、日本語の「ち」に似ていますが、ちょっと違った発音なので、聞いて覚えるといいですよ。

私が「とらぬ狸の皮算用」を覚えた体験談

私が “Counting your chickens before they’re hatched” という表現を覚えたのは、サッカーチームの試合でのことでした。

勝利に確信を持っていた友人が、試合が始まる前に「勝った後のパーティーをどこでやるか」について話し始めました。

しかし、試合は予想外の展開で、残念ながら負けてしまいました。

その後、別の友人が彼に対して「You were counting your chickens before they’re hatched」と言ったのです。

その意味を教えてもらった時、とても鮮明に記憶に残りました。

それ以来、この表現は私にとって物事を焦らず、結果を待つことの大切さを思い出させる言葉になりました。

「狸」は英語で何て言うの?

日本の「狸」は英語では “tanuki” と言います。

ただし、”tanuki”は日本特有の動物で、英語圏には自然と生息していないので、その存在を知らない人も少なくありません。

なので、「狸」を英語で説明する際は、「It’s a kind of raccoon dog native to Japan」というように、日本特有のアライグマのような動物であることを説明すると良いですね。

Look at that cute tanuki! 「あの狸、可愛いね!」

しかし、覚えておくべきは、”tanuki”という言葉が一部の英語話者にしか理解されない可能性があるということです。

だからと言って心配はいりません、そういった際は日本独特の動物であることを説明すれば問題ありませんよ。

「算数」は英語で何て言うの?

「算数」は英語では “arithmetic” と言います。

これは、基本的な数学の一部で、加算、減算、乗算、除算などを含みます。

  • I’m studying arithmetic. 「算数を勉強しています。」

ちなみに、より高度な数学の概念を含む一般的な「数学」は英語で “mathematics” やアメリカ英語では “math”、イギリス英語では “maths” と言います。

だから「算数」は”arithmetic”、もう少し高度な「数学」は”mathematics”と覚えておくと良いでしょう。

「計算する」は英語で何て言うの?

「計算する」は英語では “calculate” と言います。

これは数値や情報を使って結果を導き出すという意味を持ちます。

I need to calculate the total cost. 「合計費用を計算する必要があります。」

つまり、”calculate”は単に数値計算だけでなく、予想、予測、評価など、より広範なシチュエーションでも使われます。

「あなたの成績を計算する」は “calculate your grades”、「時間を計算する」は “calculate the time” のように、様々な場面で活用することができますよ。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

問題1:Look at that cute _!
「あの可愛い狸を見て!」

A) Racoon
B) Tanuki
C) Fox

問題2:I’m studying _.
「私は算数を勉強しています。」

A) Mathematics
B) Arithmetic
C) Calculus

問題3:I need to _ the total cost.
「合計費用を計算する必要があります。」

A) Calculate
B) Assess
C) Determine

答え:
問題1の答え: B) Tanuki
問題2の答え: B) Arithmetic
問題3の答え: A) Calculate

記事は見つかりませんでした。