PR

「お店が混んでいる」は英語で何て言うの?

脱毛

日常の中でよく遭遇する状況、それは「お店が混んでいる」時ですよね。

ショッピングをしたり、食事に出かけたり。

そんな時、この日本語の表現をどう英語で表現できるかを学びましょう。

「お店が混んでいる」の英語の説明と注意点

英語で「お店が混んでいる」を言うとき、 “The shop is crowded” と表現します。”Crowded” は「人で溢れている」という意味なんです。

“This restaurant is crowded”
「このレストランは混んでいます」

「お店が混んでいる」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

“Let’s go to that restaurant.”
(あのレストランに行こう。)

モカ
モカ

“I’m not sure. It looks a bit crowded.”
(ちょっと迷うね。少し混んでるみたいだよ。)

「お店が混んでいる」を英語で聞いてみよう

“The shop is crowded”を聞いてみましょう。

ここで大事なのは “crowded” の “ow” の発音です。

ちょっと難しそうなんですが、楽しみながら練習しましょう。

Europe is crowded with people who live there
ヨーロッパはそこに住む人々でごった返している

私が「お店が混んでいる」を使った体験談

「お店が混んでいる」を覚えたのは、以前、アメリカに旅行したときのことです。

地元の友人に連れられたパンケーキ屋さん、それが人気店で、朝早くから行列ができていました。

「Why is this place so crowded?」(なんでこんなに混んでるの?)と友人が言いました。

その場面が、”crowded” を学ぶきっかけになりました。

楽しい旅の思い出と共に、この単語を覚えることができましたね

「電車が混んでいる」は英語で何て言うの?

日本の通勤時間にはよく遭遇する光景ですよね、”電車が混んでいる”。

英語では “The train is crowded” と表現します。”Crowded” は人で満ちている、という意味です。

“I couldn’t get on the morning train because it was too crowded.”
(朝の電車に乗れなかった。混みすぎていたんです。)

「予約が混んでいる」は英語で何て言うの?

レストランやホテルなどで「予約が混んでいる」状況を英語で表現する時は “The reservations are booked up” または “The reservations are full” を使います。

「予約が混んでいる」を直訳すると少し変なんです。こういう時は状況を適切に表現する英語表現を覚えるといいですね。

  • “Sorry, we can’t go to that restaurant tonight. The reservations are booked up.”
    (残念だけど、今夜はあのレストランには行けないよ。予約が一杯なんだ。)

「とても混んでいる」は英語で何て言うの?

お店がただ混んでいるだけでなく、「とても混んでいる」場合は “The shop is very crowded” や “The shop is extremely crowded” と表現します。

“very” や “extremely” が「とても」を意味します。

“I couldn’t find a seat at the café. It was extremely crowded.”
(カフェで席が見つからなかった。とても混んでいたんです。)

「電車が混んでいる」は英語で何て言うの?

「電車が混んでいる」は英語で「The train is crowded」と言います。

この表現は電車の中にたくさんの人がいて、空間が狭いことを示しています。

  • The train is crowded during rush hour.
    ラッシュアワーには電車が混んでいます。

しかし、「crowded」は人が多くて狭いことを強調するので、空いているときには使わないですよね。

「混雑する」は英語で何て言うの?

「混雑する」は英語で「to get crowded」や「to become congested」と表現できます。

これは場所や状況が人や物でいっぱいになることを意味します。

The station starts to get crowded at 8 a.m.
駅は午前8時に混雑し始めます。

ちなみに、「混雑」は交通や人の集まりに関連することが多いです。

「CrowdとBUSY」の英語の違いは?

「Crowd」は「群衆」や「人込み」を指し、多くの人が一箇所にいる状態です。

「Busy」は「忙しい」という意味で、たくさんの仕事や活動があることを示します。

  • The beach is crowded but not everyone is busy.
    ビーチは人で混んでいますが、みんなが忙しいわけではありません。

つまり、「Crowd」は人の数に関係し、「Busy」は活動の量に関係するということですね。

「CongestionとCrowd」の英語の違いは?

「Congestion」は「混雑」や「渋滞」を意味し、通常は交通やネットワークの混雑を指します。

「Crowd」は「群衆」や「人込み」を意味し、多くの人が集まっている状態を指します。

Traffic congestion is a problem, but the crowd at the festival is enjoyable.
交通の混雑は問題ですが、祭りの人ゴミは楽しいです。

つまり、「Congestion」は流れや移動に関連する混雑を、「Crowd」は人が集まる状況を指すというわけです。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

1: “Sorry, but we can’t go out for dinner tonight. The restaurant is .” (残念だけど、今夜は外食できないよ。レストランが。)

A) Booked up B) Crowded C) Busy

2: “I couldn’t shop comfortably. The store was .” (落ち着いて買い物ができなかった。店が。)

A) Crowded B) Booked up C) Busy

3: “The morning commute was tough. The train was .” (朝の通勤が大変だった。電車が。)

A) Busy B) Booked up C) Crowded

答え:

1: A) Booked up 2: A) Crowded 3: C) Crowded

これらの表現を覚えて、日常生活で使ってみてくださいね。これからも一緒に英語を学んでいきましょう!

記事は見つかりませんでした。