PR

「春を感じる」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

“春”と一言で言っても、英語での表現は豊かなんですよ。

“春を感じる”や”春の訪れ”、”春らしい”といった日本語表現を英語でどう伝えるか、今回の記事で詳しく解説します。

一緒に英語フレーズを学び、実践的な会話例やクイズで楽しみながら理解を深めましょう。

季節の変わり目に、もっと自然体で英語を話せるようになる、その第一歩をこの記事から始めてみませんか?

「春を感じる」の英語の説明と注意点

「春を感じる」という日本語の感覚を英語で表現する場合、“feel the spring”というフレーズを使うことができます。

しかし、これだけだと何を具体的に感じているのかが明確でないため、具体的な感情や体験を加えるとより伝わりやすくなります。

“I can feel the spring in the air.”
(空気から春を感じることができます)

「春」は英語で何て言うの?

「春」は英語で「Spring」と言いますね。

春は一年の四季の一つで、冬の後に来て夏の前にあります。

Spring is the season following winter and preceding summer.
春は冬の後に来て夏の前の季節です。

しかし、「Spring」を使う時は、季節の名前としてだけでなく、「春らしい」や「春のような」という意味でも使われることがありますよね。

「春を感じる」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

“Do you feel the spring coming?”
(春が来るのを感じますか?)

モカ
モカ

“Yes, I can definitely feel the spring in the air.”
(はい、確かに空気から春を感じます。)

「春を感じる」に関連する英語表現

この他にも「春を感じる」を表現する英語表現は多く存在します。

たとえば、“Spring is in the air.”という表現は、文字通り「春が空気中にある」という意味ですが、これも「春を感じる」ことを表現しています。

  • “Spring is in the air. The flowers are blooming and the birds are singing.”
    (春が空気中に満ちています。花が咲き、鳥が歌っています。)

ちなみに、”spring fever”という表現もあります。

これは春が近づくと人々が活気づいたり、元気になったりする様子を表す表現ですよ。

「春を感じる」を英語で聞いてみよう

英語のフレーズは聞いて覚えるのも一つの方法です。このフレーズ “feel the spring” もネイティブスピーカーの発音を何度も聞いて、耳を慣らしてみてください。

早すぎる場合は再生速度を調整して聴くのもおすすめですよ。

なぜ春はSpringなの?

「春」が英語で「Spring」と呼ばれる理由は、昔の言葉の使い方に由来しています。

英語の「Spring」は古英語の「springan」に由来していて、「発芽する」や「飛び出す」の意味がありました。

春は植物が芽を出し、自然が新しく生まれ変わる季節です。

この新しい生命が「飛び出る」ようなイメージから、「Spring」が春の季節を表す言葉として使われるようになったんですね。

I feel it. I feel the spring. You will hear good brush makers.
感じる。春を感じる。いいブラシ職人の声が聞こえてきそう。

私が「春を感じる」を覚えた体験談

ここで私が初めて “feel the spring” という表現を覚えたエピソードをご紹介します。

それは、毎年3月になると地元の公園で開催される小さなフェスティバルの日のことでした。

その日は晴天で、公園全体が春の匂いで満ちていました。

その瞬間、友人が “Can you feel the spring?” と聞いてきたのです。

それがこの表現と初めて出会った瞬間でした。

今では、春の訪れを表す最も直感的な英語表現の一つだと思っています。

皆さんもこの表現を使って、春の訪れを楽しんでみてはいかがでしょうか?

「春の訪れ」は英語で何て言うの?

「春の訪れ」を英語で表す場合、“the arrival of spring”という表現を使うことができます。

「arrival」は「到着」や「訪れ」といった意味を持つ英単語です。

“Everyone is looking forward to the arrival of spring.”
(皆が春の訪れを楽しみにしています)

「春らしい」は英語で何て言うの?

「春らしい」を英語で伝える際には、”spring-like”という形容詞を用いると伝わりやすいですよ。

“Spring-like weather”で「春らしい天気」を表すことができます。

  • “Today’s weather is very spring-like.”
    (今日の天気はとても春らしいです)

「もう春」は英語で何て言うの?

「もう春」を英語で表現すると、「It’s already spring」となります。

これは、春が既に始まっていることを伝えるフレーズです。

It’s already spring, and the weather is getting warmer.
もう春ですね、天気が暖かくなってきました。

つまり、「It’s already spring」と言うことで、季節が春に変わったことを示すことができます。

「Spring」は英語のスラングで何?

「Spring」は英語のスラングとしても使われますが、その意味は「跳ねる」や「跳躍」です。

特に、急に立ち上がることや活発に動くことを指します。

He sprang up from his seat when he heard the news.
彼はニュースを聞いて席から跳ね上がりました。

つまり、「Spring」はスラングとして使うと、物理的な動きや反応の急激な変化を表す言葉になります。

「春を告げる」は英語で何て言うの?

「春を告げる」を英語に訳すと、“announce the arrival of spring”や”signify the coming of spring”となります。

「announce」や「signify」は「告げる」を意味する動詞ですね。

“The blooming flowers announce the arrival of spring.”
(咲き誇る花々が春の訪れを告げています)

「春だね」は英語で何て言うの?

直訳すると “It’s spring, isn’t it?” になります。

この表現は英語の話者にとって自然で、会話の中でよく使われます。

  • “It’s spring, isn’t it? The cherry blossoms are in full bloom.”
    (春ですね。桜が満開です)

「春を待つ」は英語で何て言うの?

「春を待つ」を英語で言うときは、“wait for spring”という表現を使います。

直訳すると「春を待つ」になり、とても自然な表現です。

“We can’t wait for spring to come. We’re tired of the cold winter.”
(私たちは春が来るのを待ちきれません。冬の寒さにはうんざりです)

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

1: I always feel energized when I see the _____.
私はいつも_____を見ると活力を感じます。

A) arrival of spring
B) color of spring
C) taste of spring

2: Today’s weather is very _____, don’t you think?
今日の天気はとても_____だと思いませんか?

A) winter-like
B) summer-like
C) spring-like

3: The cherry blossoms in the park _____.
公園の桜は_____。

A) announce the arrival of winter
B) announce the arrival of spring
C) announce the arrival of summer

答え:
A) arrival of spring
C) spring-like
B) announce the arrival of spring

記事は見つかりませんでした。