PR

「焚火台」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

キャンプで重要なのが「焚火台」ですよね。このアイテムはキャンプの雰囲気を作ります。

この記事では、英語で「焚火台」をどう表現するか、その使い方を説明します。

英語でキャンプの楽しさを共有する方法を学ぶと、キャンプ体験がさらに豊かになりますよ。

「焚火台」の英語の使い方と注意点

英語で「焚火台」は「fire pit」と言います。

自然の中で焚火を楽しむための道具です。

We gathered around the fire pit to roast marshmallows.
焚火台を囲んでマシュマロを焼きました。

しかし「fire pit」は直火を避けるための安全な道具なので、使用する際は周囲の安全に注意しましょう。

「焚火台」を使った例文

ラテ
ラテ

Do you have a fire pit at your campsite?
君のキャンプ場には焚火台があるの?

モカ
モカ

Yes, we have a nice one. We use it for cooking and warmth.
うん、いいのがあるよ。料理と暖を取るために使ってるんだ。

「焚き火」は英語で何て言うの?

英語で「焚き火」は「campfire」と言います。

夜のキャンプでよく見る、暖かい光です。

  • Let’s make a campfire and tell stories.
    焚き火をしよう、そして話をしよう。

しかし「campfire」は火事を防ぐため、しっかりと消火することが大切ですね。

「ソロキャンプ」は英語で何て言うの?

「ソロキャンプ」は英語で「solo camping」と言います。

一人で自然と向き合う時間です。

I love solo camping for its peacefulness and solitude.
ソロキャンプは平和で孤独感が好きです。

ちなみに、ソロキャンプは安全を第一に考えて行いましょう。

「デイキャンプ」は英語で何て言うの?

「デイキャンプ」は英語で「day camping」と言います。

日帰りで楽しむキャンプです。

  • Day camping is a great way to enjoy nature without staying overnight.
    デイキャンプは泊まらずに自然を楽しむ素晴らしい方法です。

つまり、デイキャンプは気軽に自然を楽しむための良い選択肢ですね。

「キャンプ」は英語のスラングで何て言うの?

「キャンプ」という活動は、英語のスラングでは特に変わった言い方はありません。

「camping」という単語そのものが、屋外でテントを設営し自然を楽しむ活動を表します。

しかし、若者の間では「glamping」(グランピング)という言葉もありますね。

これは「glamorous」(豪華な)と「camping」を合わせた言葉で、快適な設備を備えたキャンプのことです。

「CampfireとBonfire」の英語の違いは?

「Campfire」と「Bonfire」はどちらも火を使ったアクティビティですが、規模と目的に違いがあります。

「Campfire」はキャンプで見かける小さめの火です。

一方、「Bonfire」はもっと大きく、集会やイベントで使われる火です。

  • We sat around the campfire and sang songs.
    キャンプファイヤーを囲んで歌を歌った。
  • Bonfires are common at beach parties.
    ボンファイヤーはビーチパーティーでよく見られます。

ちなみに、「Campfire」は親しみやすく、家族や友達との団欒に使われますが、「Bonfire」はより大きな集まりやお祭りで見ることが多いです。

記事は見つかりませんでした。