PR

「そろそろ行かなきゃ」は英語で何て言うの?

脱毛

日常生活でよく使われる表現を英語に変換する力は、語学スキルを上げるのに欠かせません。

この記事では、「もう行くね」、「絶対行かなきゃ」、「そろそろ失礼します」の英語表現を掘り下げます。

更なる進歩への一歩を踏み出しましょう!

「そろそろ行かなきゃ」の英語の説明と注意点

「そろそろ行かなきゃ」は英語で “I have to go soon”と言います。

「have to」は「~しなければならない」を意味し、「go」は「行く」を意味します。

そして、「soon」は「もうすぐ」、「そろそろ」という意味になります。

なので、”I have to go soon”を直訳すると「もうすぐ行かなければならない」、つまり「そろそろ行かなきゃ」となります。

例えば: I have to go soon, my train leaves in 30 minutes. 「そろそろ行かなきゃ、電車が30分後に出るから。」

しかし、日本語の「~しなければならない」の感じをそのまま表すためには、「have to」を使いますが、より丁寧な状況では、「must」を使用することもありますね。

「そろそろ行かなきゃ」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

I have to go soon, my mother is waiting for me. 「そろそろ行かなきゃ、お母さんが待ってるから。」

モカ
モカ

Sorry, but I have to go soon. I have an early meeting tomorrow. 「ごめん、そろそろ行かなきゃ。明日早い会議があるから。」

「そろそろ行かなきゃ」に関連する英語表現

「そろそろ行かなきゃ」に関連して、「I have to leave」という表現もあります。

「leave」も「行く」を意味しますが、特に「出発する」、「去る」というニュアンスがあります。

  • 例えば: I have to leave soon, I promised to be home before dinner. 「そろそろ出発しないと、夕食前に家に帰ると約束したから。」

ちなみに、出発の時間が近づいていることを強調したい場合は、「I should be leaving soon」を使うと良いですね。

「そろそろ行かなきゃ」を英語で聞いてみよう

実際に「I have to go soon」の発音を練習してみてください。特に「have to」の発音に注意が必要です。「v」の音は日本語にはないため、練習が必要ですよ。

I have to go soon but I can probably chat really quickly
私はすぐに行かなければならないが、ちょっとだけなら話せるよ。

私が「そろそろ行かなきゃ」を覚えた体験談

実は私が “I have to go soon” を覚えたきっかけは、毎月開催される英語の勉強会での出来事です。

ある月の勉強会で、新しい友人に出会ったんです。

とても楽しい時間を過ごしていましたが、その友人が突然「I have to go soon」と言ったんです。

そのとき初めてその表現を聞き、それが「そろそろ行かなきゃ」を意味することを学びました。

それ以来、この表現は私の英会話に欠かせないものになりましたね。

「もう行くね」は英語で何て言うの?

「もう行くね」は英語では “I’m leaving now” または “I’m going now” と言います。

“I’m” は “I am” の短縮形で、「私は〜」を意味します。

そして “leaving” や “going” は「行く」を表す動詞ですね。

I’m going now. See you tomorrow. 「もう行くね。また明日。」

しかし、「もう行くね」は英語では場面によってさまざまな表現を使うことがあります。

たとえば友達に対しては “I’m heading out” や “I’m off” を使うこともありますよ。

「絶対行かなきゃ」は英語で何て言うの?

「絶対行かなきゃ」は英語では “I absolutely have to go” または “I must go” と言います。

“Absolutely” は「絶対に」という強調を表し、”have to” や “must” は「〜しなければならない」を意味します。

  • I absolutely have to go to the meeting tomorrow. 「絶対明日の会議に行かなきゃ。」

ちなみに、”I’ve got to go” という表現もよく使われます。

これも「絶対に行かなければならない」という意味で使われますね。

「そろそろ失礼します」は英語で何て言うの?

「そろそろ失礼します」は英語では “I should be going now” または “I’ll be leaving soon” と言います。”Should be” は「〜すべきだ」を意味し、”soon” は「間もなく」を意味します。

I should be going now. Thanks for the great evening. 「そろそろ失礼します。素晴らしい夜をありがとう。」

つまり、この表現は自分がそろそろ立ち去るべきだという意図を相手に伝えるための礼儀正しい表現です。

日本語と同じように、英語でもこのような表現を使うと相手に配慮した印象を与えますよ。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

問題1: _ now. See you tomorrow.
「もう行くね。また明日。」

A) I’m going
B) I’m coming
C) I’m staying

問題2: I absolutely _ to the meeting tomorrow.
「絶対明日の会議に行かなきゃ。」

A) have to go
B) want to go
C) plan to go

問題3: I _ be going now. Thanks for the great evening.
「そろそろ失礼します。素晴らしい夜をありがとう。」

A) should
B) might
C) can

答え:
問題1の答え: A) I’m going
問題2の答え: A) have to go
問題3の答え: A) should

記事は見つかりませんでした。