PR

「どのくらいの大きさですか」は英語で何て言うの?

脱毛

‘How much’, ‘How long’, ‘How many’ をマスターしませんか?

この記事を通じてそれらを自然に使えるようになり、英語のコミュニケーション力を一段階引き上げましょう。

今すぐ読み進めてみてください!

「どのくらいの大きさですか」の英語の説明と注意点

英語で「どのくらいの大きさですか」は “How big is it?” と言います。”How” は「どのくらい」、”big” は「大きい」を意味し、”it” は話題となるものを指します。

Can you tell me how big it is? 「それはどのくらいの大きさなのか教えてもらえますか?」

しかし、”How big is it?”と問う際、相手が何の大きさを尋ねられているのかが明確であることが重要ですね。

文脈がないと、具体的に何を指しているのか分からない場合もありますから。

「どのくらいの大きさですか」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

I’m curious, how big is the Earth? 「地球って、実際どのくらいの大きさなんでしょうね?」

モカ
モカ

How big is your new apartment? 「新しいアパート、どのくらいの大きさなんですか?」

「どのくらいの大きさですか」に関連する英語表現

“how big” は大きさを問う表現ですが、同様に大きさや長さを問う表現として “how long” や “how wide” もあります。

  • How long is this bridge? 「この橋はどのくらいの長さなんでしょうね?」

ちなみに、”how long” は時間についても問うことができる便利な表現です。

「どのくらいの大きさですか」を英語で聞いてみよう

実際にネイティブスピーカーが「How big is it?」とどのように発音しているかを音声教材やYouTubeなどでチェックしてみてください。

英語の “g” の音は、日本語の「ぐ」や「ぎ」よりもソフトに発音しますよ。

I said, how big is it?
どれくらいの大きさですか?

私が「どのくらいの大きさですか」を覚えた体験談

思い出せば、私が “How big is it?” という表現を覚えたのは、毎月楽しみにしている町のフリーマーケットの日のことでした。

あるおじいさんが自家製の巨大なパンプキンを出展していて、「How big is this pumpkin?」と質問しました。

その巨大なパンプキンの大きさに驚いたあの日から、「How big is it?」は私の英語学習における重要なフレーズになりましたね。

「どのくらいの量ですか」は英語で何て言うの?

「どのくらいの量ですか」は英語で “How much is it?” または “What’s the quantity?” と言います。料理を作る時や買い物をする時など、量を確認する際によく使われます。

How much sugar do I need for this recipe? 「このレシピには砂糖をどのくらい必要ですか?」

しかし、”How much”と”how many”の使い分けに注意が必要です。

“How much”は不可算名詞、”how many”は可算名詞と共に使われます。

例えば、”How much water?”(水はどのくらい?)と “How many apples?”(リンゴはいくつ?)のように使います。

「どのくらいかかりますか」は英語で何て言うの?

「どのくらいかかりますか」は英語で “How long does it take?” または “How much time does it take?” と言います。

行動や作業にかかる時間を尋ねる時に使いますね。

  • How long does it take to go to Tokyo from here? 「ここから東京までどのくらいかかりますか?」

ちなみに、「金額がどのくらいかかるか」を尋ねる場合は “How much does it cost?” を使います。

つまり、「どのくらいかかりますか」は文脈によって使い方が変わることを覚えておきましょう。

「どのくらい必要ですか」は英語で何て言うの?

「どのくらい必要ですか」は英語で “How much do I need?” または “What is the required amount?” と言います。

特定のものが何量必要かを尋ねる時に使われます。

How much flour do I need to bake a cake? 「ケーキを焼くためには小麦粉をどのくらい必要ですか?」

つまり、”How much do I need?”という表現は、何かを計画したり、作ったりするときにとても便利なフレーズですね。

量だけでなく時間や金額など、さまざまな「必要な量」を尋ねるのに使えます。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

問題1: _ sugar do I need for this recipe?
「このレシピには砂糖をどのくらい必要ですか?」

A) How much
B) How long
C) How many

問題2: _ does it take to go to Tokyo from here?
「ここから東京までどのくらいかかりますか?」

A) How much
B) How long
C) How many

問題3: _ flour do I need to bake a cake?
「ケーキを焼くためには小麦粉をどのくらい必要ですか?」

A) How much
B) How long
C) How many

答え:

問題1の答え: A) How much
問題2の答え: B) How long
問題3の答え: A) How much

記事は見つかりませんでした。