PR

「じめじめしている」は英語で何て言うの?

脱毛

今日は「じめじめしている」を英語でどう言うのかを見ていきましょう。

「じめじめしている」は英語で “It’s humid” と表現します。湿度が高い、という意味を表す言葉ですね。特に、日本の梅雨時期などによく使われます。

例文: “It’s humid today, isn’t it?” 「今日はじめじめしていますね」

「じめじめしている」を使った英会話の例

A: “It’s humid today, isn’t it?” 「今日はじめじめしていますね」 B: “Yes, I don’t like this weather.” 「ええ、私はこの天気が苦手です」

「じめじめしている」に関連する英語表現

また、湿度が高い状態を表す英語表現には “It’s sticky” もあります。これは文字通り「ベタベタする」を意味しますが、湿度が高いときの不快感を表現するのによく使われます。

例文: “It’s sticky today because of the humidity.” 「今日は湿度のせいでじめじめしています」

ちなみに、「湿度」は英語で “humidity” と言います。日本の夏は湿度が高くて大変ですよね。

「じめじめしている」を英語で言ってみよう

ネイティブスピーカーが “It’s humid” や “It’s sticky” をどのように発音するのかを聞いてみましょう。そして、自分でも発音してみることでより自然な英語表現を身につけることができます。

私が「じめじめしている」を覚えた体験談

さて、ここで私の体験談を1つ。初めて「じめじめしている」を英語で表現したのは、日本の梅雨時期に初めて訪れたときのこと。ある日、外国人の友人が「なぜこんなに空気が重いの?」と尋ねてきました。それが “Why is the air so heavy?” というフレーズですね。それに対し、私が “It’s humid today” と答えると、友人は納得していました。

「梅雨」は英語で何て言うの?

「梅雨」は英語では “rainy season” や “plum rain” と表現します。しかし、一般的には “rainy season” の方がよく使われます。

例文: “The rainy season in Japan usually starts in early June.” 「日本の梅雨は通常6月初旬に始まります」

「蒸し暑い」は英語で何て言うの?

「蒸し暑い」は英語で “muggy” や “humid” と表現します。「muggy」は特に高温で湿度が高い時に使われる表現です。

例文: “It’s muggy today. I’m sweating a lot.” 「今日は蒸し暑い。たくさん汗をかいています」

まとめのクイズ

それでは、この記事で学んだ表現を用いて小さなクイズを出題します。皆さんの記憶力を試してみましょう!

1: “The _____ season in Japan usually starts in early June.” 「日本の梅雨は通常6月初旬に始まります」

A) Autumn B) Rainy C) Winter

2: “It’s _____ today. I’m sweating a lot.” 「今日は蒸し暑い。たくさん汗をかいています」

A) Muggy B) Chilly C) Dry

3: “The term ‘_____ rain’ comes from the season when plums ripen.” 「“Plum rain”という言葉は、梅が熟する季節からきています」

A) Apple B) Cherry C) Plum

答え:

1: B) Rainy 2: A) Muggy 3: C) Plum

どうでしたか?全部正解できましたか?次回も新たな英語表現を一緒に学びましょう!それではまた!

記事は見つかりませんでした。