PR

「お腹すいてる」は英語で何て言うの?

脱毛

本当にお腹がすいている時、あるいは食事で満足している時、その気持ちを英語でどう表現しますか?

この記事ではそれらのフレーズと使い方をわかりやすく解説します。

「お腹すいてる」の英語の説明と注意点

「お腹すいてる」を英語で言うと「I’m hungry」です。

“I’m”は”I am”の短縮形で、主語と補語をつなげる役割がありますね。

「お腹すいてる」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

“I’m so hungry, I could eat a huge amount.” 「すごくお腹すいてる、どれだけでも食べられそう。」

モカ
モカ

“We should grab a bite to eat then.” 「それなら、何か食べに行こうよ。」

「お腹すいてる」に関連する英語表現

「お腹がすいた」のほかに、「とてもお腹がすいた」を表現したい時は“I’m starving”と言います。Starvingは「飢えている」を意味するので、本当にお腹がすいているときに使ってみてくださいね。

“I’m starving.” 「すごくお腹がすいてる。」

ちなみに、食事を提案するときは、「grab a bite to eat」を使うことがあります。

「お腹すいてる」を英語で聞いてみよう

いくつかの表現を学びましたが、ネイティブの発音を確認するのも重要です。YouTubeなどで「I’m hungry」と検索してみて、聞き取れるかチャレンジしてみてください。

I’m hungry.
お腹がすいた。

私が「お腹すいてる」を覚えた体験談

英語を勉強していると、日本語と英語の思考の違いを感じることがあります。

私が”I’m hungry”を覚えたきっかけは、中学の英語クラブの時です。

ある日、ランチタイム前に友人が「お腹すいた〜」と日本語で言った時、英語でどう言うのだろうと思ったんです。

英語先生に聞いてみたところ、先生は「I’m hungry」と教えてくれました。

それから、「お腹すいた」は「I’m hungry」と英語で言うことを覚えました。

「お腹ペコペコ」は英語で何て言うの?

「お腹ペコペコ」、これは日本語の一風変わった表現で、英語では”I’m starving”と言います。この表現は、「飢えている」を意味し、本当にお腹が空いている時に使われます。

“I’m starving.” 「お腹ペコペコ。」

さらに、強調して「本当にお腹がすごくすいている!」と言いたい場合は、”I’m famished”という表現もありますよ。

「お腹がいっぱい」は英語で何て言うの?

それでは次に、「お腹がいっぱい」は英語でどう言うのでしょうか?これは”I’m full”と表現します。直訳すると「私は満ちている」となりますが、これは「お腹がいっぱいで、これ以上食べ物を入れられない」という意味になります。

“I’m full.” 「お腹がいっぱい。」

このフレーズは食事の後に使うと、とても自然な英会話になりますよ。友達と一緒に美味しいランチを楽しんだ後など、思い出に残る英語表現の一つですね。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

1: After eating a lot of pizza, I said, “” ピザをたくさん食べた後、私は言いました、「」

A) I’m starving B) I’m full C) I’m thirsty

2: Before eating my dinner, I told my mom, “” ディナーを食べる前に、母に言いました、「」

A) I’m thirsty B) I’m full C) I’m starving

3: After a long day without eating, my friend told me, “” 食事を摂らない長い一日の後、友達が私に言いました、「」

A) I’m full B) I’m thirsty C) I’m starving

答え:

  1. B) I’m full
  2. C) I’m starving
  3. C) I’m starving

これらのフレーズを覚えておくと、日常生活での食事の場面で自然に英語を話すことができますよね。

記事は見つかりませんでした。