PR

「綺麗好き」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

皆さんは「綺麗好き」って言葉、使いますよね?この言葉、英語でどう表現するかご存知ですか?

今回は、そんな「綺麗好き」を英語でどう言うのか、その使い方と例文を解説しますよ。

英語で「綺麗好き」を上手に表現できると、日常会話がもっと豊かになりますよ!

「綺麗好き」は英語で何て言うの?

「綺麗好き」は英語で「neat freak」と言います。

この表現は、綺麗さや整頓を非常に好む人を指します。

She is such a neat freak; her house is always spotless.
彼女はとても綺麗好きで、家はいつもピカピカです。

しかし、この表現は少しカジュアルなので、フォーマルな場では使わない方が良いでしょう。

「綺麗好き」を使った例文

ラテ
ラテ

Do you always clean your desk?
いつも机を掃除するの?

モカ
モカ

Yes, I’m a bit of a neat freak.
うん、ちょっと綺麗好きなんだ。

「綺麗」は英語のスラングで何て言うの?

「綺麗」はスラングで「clean」や「neat」と言います。

これらは、綺麗で整頓された状態を指す一般的な表現です。

  • This room is so clean! Did you do it all by yourself?
    この部屋、めちゃくちゃ綺麗だね!全部自分でやったの?

しかし、「clean」と「neat」は少し意味が違うので、使う場面に注意しましょう。

「日本人は綺麗好きだ」は英語で何て言うの?

「日本人は綺麗好きだ」と言いたい時は、「Japanese people are generally neat freaks」と表現できます。

Japanese people are generally neat freaks; they value cleanliness.
日本人は一般的に綺麗好きで、清潔を重んじます。

ちなみに、この表現は文化的な一般化をしているので、話す相手や文脈によっては慎重に使うべきです。

「几帳面」は英語で何て言うの?

「几帳面」は英語で「meticulous」と言います。

これは、細かいことに気を配る性質を表す言葉です。

  • He is meticulous in his work, always paying attention to detail.
    彼は仕事において几帳面で、いつも細部に注意を払っています。

つまり、「meticulous」を使うことで、几帳面さを英語で表現することができます。

「cleanとCleanly」の英語の違いは?

「clean」と「cleanly」は、英語で異なる意味を持ちます。

「clean」は「綺麗な」や「清潔な」という形容詞ですが、「cleanly」は「きちんと」や「丁寧に」という副詞です。

Your room is so clean! How do you keep it that way?
部屋がすごく綺麗だね!どうやってそう保ってるの?

He always cuts the paper cleanly, without any jagged edges.
彼はいつも紙をきちんと、ギザギザにならないように切ります。

つまり、これらの違いを理解することで、より正確な英語表現が可能になります。

記事は見つかりませんでした。