PR

「急いでないのでいつでも大丈夫です」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

日常会話では表現豊かな言い回しが求められますよね。

一つの意図を様々な表現で伝えることで、より対話が楽しくなります。

今回は日本語の「急いでないのでいつでも大丈夫です」を英語でどう伝えるか、探ります。

「急いでないのでいつでも大丈夫です」の英語の説明と注意点

「急いでないのでいつでも大丈夫です」は英語では「I’m not in a hurry. Take your time」と言います。

ここで、「I’m not in a hurry」は直訳すると「私は急いでいません」

「Take your time」は「時間をかけてください」つまり、「急がないで大丈夫です」を意味します。

「急いでないのでいつでも大丈夫です」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

“I’m sorry for the delay. I’ll try to finish it as soon as possible.”
“遅くなってごめんなさい。できるだけ早く終わらせようと思います。”

モカ
モカ

 ”I’m not in a hurry. Take your time.”
“急いでないので、時間をかけてください。”

「急いでないのでいつでも大丈夫です」に関連する英語表現

時間に余裕があることを示す別の表現は「No rush」です。

「No rush」は「急がなくても大丈夫」という意味で、相手にプレッシャーをかけず、リラックスして作業を進めてほしいときに使います。

  • “No rush, but could you send me the report when you get a chance?”
    “急がなくていいから、機会があったらレポートを送ってもらえますか?”

「ちなみに」、「No rush」は会話だけでなく、メールなどの文章でも使うことができます。

「急いでないのでいつでも大丈夫です」を英語で聞いてみよう

英語のフレーズは音で聞くことで理解が深まります。

自分で言葉を発音してみるのも良いですね。もし音声が早すぎる場合は再生速度を調整して聴いてみてください。

Take your time to redraw the guidelines as often as you need.
何度でも時間をかけてガイドラインを引き直してください。

私が「急いでないのでいつでも大丈夫です」を覚えた体験談

私がこの言葉を覚えたエピソードを紹介しましょう。

友人とのディナーの予約時間に遅れそうになった時のことです。

私は急いで着替え、電話で遅れることを謝りました。

友人は笑いながら「I’m not in a hurry. Take your time」と言いました。

その友人の温かい言葉が心に残り、私はこの表現を覚えました。

それ以来、誰かにプレッシャーをかけずに自分の時間に余裕を持ってもらうためにこの表現を使っています。

「急がなくて大丈夫です」は英語で何て言うの?

“急がなくて大丈夫です”というフレーズは英語で “No rush” と表現します。

これは直訳すると「急ぎはない」ですが、日本語の「急がなくて大丈夫です」とほぼ同じニュアンスで使われます。

“No rush, but when you’re ready, could you pass me the salt?”
“急がなくて大丈夫だけど、準備ができたら塩を取ってくれますか?”

「あなたの都合の良い時で大丈夫です」は英語で何て言うの?

“あなたの都合の良い時で大丈夫です”は英語で “At your convenience” と言います。

これは直訳すると「あなたの都合が良い時に」となります。

相手の都合を最優先に考える表現なので、相手にプレッシャーをかけずに、あなたの意図を伝えるのに非常に役立ちますね。

  • “At your convenience, could we discuss the meeting agenda?”
    “あなたの都合の良い時に、会議の議題について話し合いたいのですが?”

「いつでも大丈夫です」は英語で何て言うの?

「いつでも大丈夫です」は英語で “I’m fine anytime” と表現できます。

どんな時でも都合が良いことを示しています。

I’m fine anytime. Let me know when you’re ready.
いつでも大丈夫です。準備ができたら教えてください。

しかし、「いつでも大丈夫です」と言うと、本当にいつでも良いと思われる可能性があるので、もし特定の時間帯があれば、それを伝えると良いですよね。

「急がなくても大丈夫」は英語で何て言うの?

「急がなくても大丈夫」は英語で “There’s no rush” や “Take your time” と表現します。

相手に急ぐ必要がないことを伝える表現です。

  • There’s no rush. Please take your time.
    急がなくても大丈夫です。ゆっくりやってください。

ちなみに、ビジネスの場面では、相手を尊重するニュアンスを込めて “Please feel free to take the time you need” という表現も使えます。

「急ぎではない」は英語でメールするには?

メールで「急ぎではない」ことを伝える時は、“This is not urgent” や “No rush on this” と書くことができます。これは、相手にプレッシャーをかけずに緊急でないことを伝える表現です。

This is not urgent, so please address it when you have time.
これは急ぎではないので、時間がある時に対応してください。

つまり、”This is not urgent” を使うことで、相手にリラックスした状態で仕事を進めてもらうことができるんです。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

1: _____, could you pass me the salt?
「塩を取ってくれますか?」

A) At your convenience
B) No rush
C) At your expense

2: Can we discuss the meeting agenda _____?
「あなたの都合の良い時に、会議の議題について話し合いたいのですが?」

A) At your convenience
B) No rush
C) At your service

3: _____, but when you’re ready, could you check these documents?
急がなくて大丈夫だけど、準備ができたらこれらのドキュメントをチェックしてくれますか?

A) At your convenience
B) No rush
C) At your expense

答え:

B) No rush
A) At your convenience
B) No rush

記事は見つかりませんでした。