PR

「奢ります(おごります)」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

日本語の「奢ります」という表現を英語でどのように言うか、その使い方を学んでいきましょう。英語での表現は「It’s on me.」です。

奢ります(おごります)」は英語で何て言うの?

英語で「奢ります」と言いたいとき“It’s on me.”と表現します。

直訳すると「それは私の上にあります」となるこの表現は具体的には「支払いは私の責任(=私の上)だ」という意味を持ちます。

ここで注意すべきなのは表現が使われる主なシーンです。

「It’s on me.」は主にレストランやバー、カフェなど、誰かが他人の費用を負担するときに使います。

誰かが自分の物を壊してしまった時や他の人に迷惑をかけてしまった時に、その代償を負担する意を込めて「It’s on me.」という表現を使うこともありますよね。

「奢ります」を使った会話の例

それでは、「It’s on me.」を実際に使った会話の例を見てみましょう。

ラテ
ラテ

Let’s go out for dinner tonight.
今夜夕食を食べに行こうよ。

モカ
モカ

I’d love to, but I’m a bit tight on money this week.
いいね。でも今週はちょっと金欠で。

ラテ
ラテ

No worries. It’s on me.
大丈夫。奢ります。

「奢ります」に関連する表現

「奢ります」の他の表現としては「My treat.」があります。

これも「私が奢ります」という意味を持つ表現で、友人とのカジュアルな場面などでよく使われますね。

ちなみに「My treat.」も「」よりもより友好的なニュアンスを持つため、友人に対して使方がいいですね。

私が「奢ります」を覚えた体験談

ある日、親しい友人から突然電話がかかってきました。

「おい、ひさしぶりにビールでも飲もうぜ」という誘いでした。

その友人は月に一度くらいの頻度で「飲みに行こう」と言ってくるタイプなのですが、その日はちょうど手持ちがピンチだったんです。

友人にその事を告げると、彼はすかさず「No worries. It’s on me.」と言ってきました。

この表現を聞いた時、直訳するとどういう意味になるのか理解できませんでしたが、彼の言葉からそのニュアンスを感じ取ることができました。

その後、調べてみると「It’s on me.」は「奢ります」という意味だと知り、親しい友人の優しさを改めて感じたものです。

「私が払います」は英語で何て言うの?

日本語の「私が払います」は自分が支払いを引き受けることを表していますね。

これは英語では「I’ll pay」や「It’s on me」と言います。

Let’s go for a coffee after this. この後、コーヒーでも飲みに行きましょう。

しかし、英語の”pay”は幅広い意味を持っていて、”支払う”だけでなく、”払う代償を得る”という意味も含んでいます。

例えば、”pay attention”は”注意を払う”という意味になります。

つまり、”pay”を使用する際は、文脈によって意味が変わることを覚えておきましょう。

「奢ってもらう」は英語で何て言うの?

「奢ってもらう」は他の人に費用を負担してもらうことを表していますね。これを英語で言うと、「be treated」や「someone else foots the bill」などと表現します。

  • Shall we get some dessert?デザートを取りましょうか?
  • It’s okay. I’ll be treated today.大丈夫です。今日は奢ってもらいます。

ちなみに、英語では他人に支払ってもらう際、”Thank you for treating me”や”Thanks for footing the bill”と感謝の意を表すことが一般的です。

「今日は私のおごりです」は英語で何て言うの?

「今日は私のおごりです」は自分がその日の費用全てを負担するという意味ですね。これは英語では「It’s my treat today」や「I’m buying today」と表現します。

I’m thinking about having lunch. Do you want to join me? ランチに行こうと思っているんです。一緒にどうですか?

It’s my treat today. 今日は私のおごりです。

つまり、”treat”や”buy”という言葉は、食事などの費用を自分が負担するというニュアンスを含んでいます。

こうした表現は日常会話で頻繁に使われるので、覚えておくと便利ですよ。

「おごるよ」は英語で何て言うの?

「おごるよ」という表現は英語で「I’ll treat you」と言います。

これは、食事や飲み物などを他の人のために支払うことを意味します。

  • I’ll treat you to lunch today.
    今日は昼食をおごるよ。

しかし、「I’ll treat you」は気軽な表現で、友達や同僚に使うのに適していますよね。

「ご馳走する」は英語で何て言うの?

「ご馳走する」という言葉は英語で「to treat someone to a meal」と表現します。

これは、誰かを食事に招待し、その費用を負担することを意味します。

I’d like to treat you to a meal as a thank you.
感謝の気持ちとして、あなたを食事にご馳走したいです。

ちなみに、「to treat someone」は日常会話でよく使われる表現です。

「美味しいご飯ごちそうさまでした」は英語で何て言うの?

「美味しいご飯ごちそうさまでした」という表現は英語で「Thank you for the delicious meal」となります。

これは、食事を提供した人に対して、その食事が美味しかったことに感謝する際に使います。

  • Thank you for the delicious meal, it was really wonderful.
    美味しいご飯をありがとう、本当に素晴らしかったです。

つまり、このフレーズを使うと、食事の満足度を伝えると同時に、感謝の意も示すことができますね。

「私が奢ります」は英語で何て言うの?

「私が奢ります」という表現は英語で「I’ll pick up the tab」と言います。

この表現は、レストランやカフェなどで食事や飲み物の代金を払うことを意味します。

I’ll pick up the tab for dinner tonight.
今夜の夕食は私が奢ります。

しかし、「I’ll pick up the tab」はカジュアルな状況に適しているので、フォーマルな場では別の表現を使う方が良いですよね。

「ご馳走する」は英語で何て言うの?

「ご馳走する」は英語で「to treat someone to a meal」と言います。

これは、誰かを食事に招待し、その費用を支払うことを意味します。

  • I’d like to treat you to dinner as a way of saying thanks.
    感謝のしるしとして、あなたを夕食にご馳走したいです。

ちなみに、この表現はフォーマルな場でもカジュアルな場でも使えます。

「奢る」は英語のスラングで何?

「奢る」という行為に対する英語のスラングは「to treat」です。

これは、誰かのために費用を負担すること、特に食事や飲み物を意味します。

Let me treat you to coffee.
コーヒーを奢らせて。

つまり、「to treat」はよりカジュアルな会話で使用され、友達とのやり取りにぴったりの表現ですね。

「奢るのビジネス英語は?

ビジネスの状況で「奢る」を表現する場合、英語では「to cover the expenses」や「to take care of the bill」というフレーズが使われます。

これらは、食事や飲み物、その他の費用を負担することを意味します。

  • I’ll take care of the bill for our lunch meeting.
    昼食の会議の費用は私が負担します。

つまり、ビジネスの状況では、これらの表現を使って、自分が費用を負担することを伝えることができますね。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

問題1: Let’s go out for a movie tonight. _.
今夜映画に行きましょう。

A) I’m buying
B) I’m selling
C) I’m gifting

問題2: Sure, let’s have lunch. _ today.
確かに、ランチにしましょう。

A) It’s your treat
B) It’s my treat
C) It’s our treat

問題3: I’d love to go for coffee with you. But, today I will _.
あなたと一緒にコーヒーを飲みに行きたいです。しかし、今日は私が。

A) be treated
B) be gifted
C) be selling

答え:
問題1の答え: A) I’m buying
問題2の答え: B) It’s my treat
問題3の答え: A) be treated

記事は見つかりませんでした。