PR

公園で遊ぶときに使える英語のフレーズ50選

脱毛

公園で子供と遊ぶ時間は親子の特別なひとときですね。遊びながらだと無理せず自然に英語を覚えられるものです。

でも、どんな言葉を使って遊ぶといいのかわからないと感じることはありませんか?

この記事では公園で遊ぶときに使える簡単で楽しいフレーズをご紹介します。

公園での遊びが英語のフレーズに溢れた役立つ教室のように感じられると思いますよ。

お子さんと一緒に笑顔いっぱいの素敵な時間を過ごしてくださいね。

  1. 公園で遊ぶときの基本的な英語
    1. 公園は英語で何て言うの?
    2. 公園で遊ぶのスラングや他の言い方は?
    3. 遊ぶを英語で何て言うの?
    4. 鬼ごっこは英語で何て言うの?
  2. 公園での遊びに関する英語フレーズ
    1. 「ブランコに乗る」の英語の説明と注意点
    2. 「ボールを投げる」の英語の説明と注意点
    3. 「滑り台を滑る」の英語の説明と注意点
    4. 「ごっこ遊び」の英語の説明と注意点
    5. 「人形遊び」の英語の説明と注意点
    6. 木に登るの英語の説明と注意点
    7. かくれんぼをするの英語の説明と注意点
    8. 花火を見たの英語の説明と注意点
  3. 公園での遊びに誘うときに使える英語フレーズ
    1. 「一緒に遊びませんか」の英語の説明と注意点
    2. 「一緒に楽しい時間を過ごしましょう」の英語の説明と注意点
    3. 「思いっきり楽しもう」の英語の説明と注意点
    4. 「友達を連れてくる」の英語の説明と注意点
    5. 「写真を撮らせてください」は英語で何て言うの?
  4. 公園で遊び終わったときに使える英語
    1. 「そろそろ行かなきゃ」の英語の説明と注意点
    2. 今日は楽しかったありがとうの英語の説明と注意点
    3. 「またいつか遊びましょう」の英語の説明と注意点
    4. 「一緒に帰ろう」の英語の説明と注意点
    5. 「また遊びに来てね」の英語の説明と注意点
    6. 「また戻ってくる」の英語の説明と注意点
  5. 公園で遊ぶ前日に使える英語
    1. 何か持っていくものはありますか」の英語の説明と注意点
  6. 感想に使える英語
    1. 「私はとても楽しかったです」の英語の説明と注意点
    2. ピクニック日和の英語の説明と注意点
    3. 「最高の眺め」の英語の説明と注意点
  7. 休憩に使える英語
    1. 「休憩してね」の英語の説明と注意点
    2. 「ゆっくり過ごしてね」の英語の説明と注意点
  8. 食事の時に使える英語
    1. お弁当を作るの英語の説明と注意点
    2. お弁当箱の英語の説明と注意点
    3. 「3時のおやつ」の英語の説明と注意点

公園で遊ぶときの基本的な英語

公園は英語で何て言うの?

公園の英語は “park” です。これは多くの人が知っていますよね。

ラテ
ラテ

I like to go to the park with my friends on the weekend.
週末に友達と公園に行くのが好きです。

公園で遊ぶのスラングや他の言い方は?

友達と一緒に公園で過ごす、特別な目的がなくても楽しい時間を共有するようなときにはHang out at the park(公園でぶらぶらする)といいます。

モカ
モカ

Let’s hang out at the park after school.(放課後、公園でぶらぶらしよう。)

公園でリラックスして、何もせずにただのんびり過ごすこと。本を読んだり、音楽を聴いたりするときにはChill at the park(公園でくつろぐ)を使います。

遊ぶを英語で何て言うの?

英語で「遊ぶ」を表す言葉は “play” や”hang out”です。

Play(遊ぶ)は特定の遊びやゲーム、スポーツなどで遊ぶこと。友達とサッカーをするなど、何か活動をして楽しむ意味が強いです。

Hang outは友達と時間を過ごすこと。特定の活動やゲームをする必要はなく、ただ一緒にいるだけでも「ぶらぶらする」と言えます。

鬼ごっこは英語で何て言うの?

公園で遊ぶ代表的な遊びと言えば「鬼ごっこ」ですが、英語ではhide and seekと言います。

My little brother loves to play hide and seek with his friends.
(弟は友達と鬼ごっこをするのが大好きです。)

公園での遊びに関する英語フレーズ

公園で遊ぶときに関連した基本的な単語は学べたので、実際に使えるフレーズを解説していきます。

  • ブランコに乗る
    Riding a swing
  • ボールを投げる
    Throwing a ball
  • 滑り台を滑る
    Sliding down a slide
  • ごっこ遊び
    Playing make-believe
  • 人形遊び
    Playing with dolls
  • 木に登る
    Climbing a tree
  • かくれんぼをする
    Playing hide and seek
  • 風船を膨らます
    Blowing up balloons
  • おままごとをする
    Playing house
  • 水鉄砲で遊ぶ
    Playing with water guns
  • 泥遊び
    Playing in the mud
  • 砂場で遊ぶ
    Playing in the sandbox
  • ~を捕まえる
    Catching~
  • フリスビーで遊ぶ
    Playing with a frisbee
  • ピクニックを楽しむ
    Enjoying a picnic
  • 桜を見に行く
    Going to see the cherry blossoms
  • 花火を見る
    Watching fireworks

「ブランコに乗る」の英語の説明と注意点

英語で「ブランコに乗る」は “Riding a swing” と言います。

“Riding” は「乗る」、”swing” はブランコ自体を指します。子供の遊び場でよく見るものですね。

Would you like to try riding a swing?
「ブランコに乗ってみたいですか?」

しかし、”swing” はブランコ以外にも、揺れ動くなどの意味もあります。文脈に注意して使いましょう。

「ボールを投げる」の英語の説明と注意点

英語で「ボールを投げる」は “throwing a ball” と言います。

「Throw」は投げるという動作を意味し、”ball” は球という物体を指します。

Throw the ball to me, please!
「ボールを私に投げてください!」

Throw the ball to the dog, and he’ll fetch it. 「ボールを犬に投げると、取ってくるよ。」

しかし、”throw” は単に球を投げるだけではなく、他の物も投げる動作に使える言葉です。文脈によって意味が少し変わることがあるので注意しましょうね。

「滑り台を滑る」の英語の説明と注意点

英語で「滑り台を滑る」は “sliding down a slide” と言います。

「Slide」は滑ることや滑り台そのものを意味し、「sliding」は「滑る」という行動を表しています。

簡単に理解すると、滑り台での滑る動作なんですね。

I love sliding down a slide at the park.
「公園の滑り台を滑るのが好きです。」

しかし、”slide” は他にも「スライド」や「滑らせる」といった意味で使われることもあります。

文脈によって意味が変わる可能性があるので注意が必要です。

「ごっこ遊び」の英語の説明と注意点

英語で「ごっこ遊び」は “playing make-believe” と言います。

子供たちがお医者さんやおままごとなど、大人の職業や役割をまねる遊びを指しますよね。

Let’s play make-believe and pretend we’re astronauts.

「宇宙飛行士になりきって、ごっこ遊びしましょう。」

しかし、この表現は主に子供たちの遊びに使われるので、大人が使うと少し変に感じることがあります。

「人形遊び」の英語の説明と注意点

英語で「人形遊び」は “Playing with dolls” と言います。

“Playing” は「遊ぶ」を意味し、”with dolls” は「人形と一緒に」を意味します。

子どもたちが人形と遊ぶ様子を表現する言葉ですね。

I enjoy playing with dolls with my daughter.
「娘と人形遊びをするのが楽しいです。」

しかし、”playing”は多くの遊びを指すため、”with dolls”の部分で具体的に何と遊ぶのかを表現します。

なので、他の遊びに使うときは適切な言葉を選ぶことが大切なんです。

木に登るの英語の説明と注意点

英語で「木に登る」は “climbing a tree” と言います。

「climb」は「登る」を意味し、「a tree」は「木」を指します。

子供たちがよくやる遊びの一つですね。

Can you climb that tree?
「あの木に登れますか?」

しかし、”climb” は山や壁など他のものにも登ることができるので、文脈によって使い方が変わることがあります。

かくれんぼをするの英語の説明と注意点

英語で「かくれんぼをする」は “playing hide and seek” と言います。

「Hide」は「隠れる」を意味し、「Seek」は「探す」を意味します。

一緒に使うと、楽しい遊びである「かくれんぼ」になるんですね。

Let’s play hide and seek!
「かくれんぼしよう!」

しかし、”seek”は他にも「追求する」などの意味があるので、文脈によっては違う意味になることがあるんです。

花火を見たの英語の説明と注意点

英語で「花火を見た」は “watched fireworks” と言います。

“Watched” は「見た」を意味し、”fireworks” は花火を指します。夏の夜空を彩る花火を楽しむこと、それが “watched fireworks” なんですね。

I watched fireworks with my friends last night.
「昨夜、友達と花火を見ました。」

しかし、”fireworks” を使用する際は、文脈によっては「大騒ぎ」や「怒り」などの意味もあることを覚えておきましょう。

公園での遊びに誘うときに使える英語フレーズ

公園に行っても一人では楽しくありませんよね?そんなときに誰かを誘えるようなフレーズを集めてみました。

  • みんなで楽しもう
    Let’s have fun together
  • 一緒に遊びませんか
    Would you like to play together?
  • 一緒に楽しい時間を過ごしましょう
    Let’s spend a happy time together
  • 思いっきり楽しもう
    Let’s enjoy ourselves to the fullest
  • 友達を連れてくる
    Bring friends along
  • 遊ぼうよ
    Let’s play
  • こっちに持ってきて
    Bring it over here
  • これからどうするの
    What shall we do next?
  • 一緒にサッカーしよう
    Let’s play soccer together
  • 写真撮ってくれませんか
    Can you take a picture?

「一緒に遊びませんか」の英語の説明と注意点

英語で「一緒に遊びませんか」は “Would you like to play together?” と言います。

この表現は、友達と遊びたいときに使う言葉ですね。

Would you like to play together this weekend?
「今週末一緒に遊びませんか?」

しかし、この言葉の”play”は遊ぶ相手や場所によって意味が少し変わることがあります。

友達との遊びならこの表現で大丈夫です。

「一緒に楽しい時間を過ごしましょう」の英語の説明と注意点

英語で「一緒に楽しい時間を過ごしましょう」は “Let’s spend a happy time together” と言います。

“Let’s” は「〜しましょう」という提案の意味、”spend” は「過ごす」、”happy time” は「楽しい時間」、そして “together” は「一緒に」という意味ですね。

Would you like to spend a happy time together?
「一緒に楽しい時間を過ごしませんか?」

しかし、この表現は少し直訳的で、実際の会話ではもっとカジュアルな言い方をすることもあります。

例えば、”Let’s have fun together!” や “Let’s enjoy ourselves!” などの表現がありますね。

「思いっきり楽しもう」の英語の説明と注意点

英語で「思いっきり楽しもう」は “Let’s enjoy ourselves to the fullest” と言います。

“enjoy ourselves” は「自分たちを楽しむ」という意味で、”to the fullest” は「最大限に」という意味合いですね。

Let’s go out and enjoy ourselves to the fullest tonight.
「今夜は外に出て思いっきり楽しもう。」

しかし、”to the fullest” は最大限というニュアンスがあるので、文脈によっては強調が必要な場面で使われることがあります。

「友達を連れてくる」の英語の説明と注意点

英語で「友達を連れてくる」は “Bring friends along” と言います。

「Bring」は「持ってくる」を意味し、「friends」は友達、「along」は一緒にという意味なので、友達を一緒に連れてくるとなるんです。

Can I bring my friends along to the party?
「パーティーに友達を連れて行ってもいいですか?」

しかし、「along」は方向や一緒になどの意味も持つため、文脈によって意味が変わることがありますよね。

「写真を撮らせてください」は英語で何て言うの?

「写真を撮らせてください」という日本語の表現は、英語では「May I take a photo?」と言います。

ここでの「May」は許可を求める際に使う表現です。

May I take a photo of the landscape? 「風景の写真を撮らせてください。」

しかし、「May」はやや丁寧な表現なので、友達同士であれば「Can I take a photo?」という言い回しも一般的ですよ。

公園で遊び終わったときに使える英語

楽しい時間はあっという間に過ぎて家に帰る時間になったときに使えるフレーズを集めてみました。

  • そろそろ行かなきゃ
    I have to go soon
  • 今日は楽しかった、ありがとう
    I had fun today, thank you
  • また今度遊ぼう
    Let’s play again sometime
  • 一緒に帰ろう
    Let’s go home together
  • また遊びに来てね
    Come and play again
  • また戻ってくる
    come back
  • 夕暮れに手を繋ぐ
    Holding hands at dusk

「そろそろ行かなきゃ」の英語の説明と注意点

英語で「そろそろ行かなきゃ」と言いたい時は “I have to go soon” と表現します。

“I have to” は「しなければならない」という意味で、”soon” は「もうすぐ」、つまり「そろそろ」ですね。

I have to go soon, my friend is waiting for me.
「そろそろ行かなきゃ、友達が待っているんです。」

しかし、この表現は少しフォーマルな感じがあるので、カジュアルな場合は “I gotta go soon” と言うこともありますよ。

今日は楽しかったありがとうの英語の説明と注意点

英語で「今日は楽しかったありがとう」と言いたいとき、”I had fun today, thank you” と表現します。

ここでの “had fun” は「楽しむ」という意味で、一般的な表現ですよね。

I had fun at the party today. 「今日のパーティーは楽しかったです。」

しかし、この表現はカジュアルな場合に使われることが多いですから、フォーマルな場合は少し言い回しを変えることがおすすめです。

「またいつか遊びましょう」の英語の説明と注意点

英語で「またいつか遊びましょう」と言うとき、“Let’s play again sometime”と言います。

この表現は友達との約束や将来の計画に使います。

Let’s play again sometime. 「またいつか遊びましょう。」

しかし、この表現はカジュアルな場合に使う言葉ですので、フォーマルな場合には適切ではないことがあるので注意が必要ですね。

「一緒に帰ろう」の英語の説明と注意点

英語で「一緒に帰ろう」は “Let’s go home together” と言います。

「Let’s」は提案を意味し、”together” は「一緒に」を意味するんです。

Let’s go home together, shall we? 「一緒に帰りましょう、どうですか?」

しかし、”Let’s” は親しい友人との会話など、カジュアルな状況でよく使われますね。

フォーマルな場合は少し言い回しを変えることがあります。

「また遊びに来てね」の英語の説明と注意点

英語で「Come and play again」は、友達と楽しい時間を過ごした後に、また遊びに来てほしいと感じたときに使いますね。

Come and play again soon! 「またすぐに遊びに来てね!」

しかし、この表現はカジュアルなので、フォーマルな状況では使わない方がよいですよ。

「また戻ってくる」の英語の説明と注意点

英語で「また戻ってくる」は “come back” と言います。

この表現は、ある場所から去った後、再び戻ることを指しますね。

I will come back later. 「後で戻ります。」

しかし、”come back” は文字通りに物理的な戻りだけでなく、思い出や感情などが戻ってくることも表します。

公園で遊ぶ前日に使える英語

明日遊ぶ予定が入っている前日は楽しみでドキドキしていますよね。そんな時に使えるフレーズを集めてみました。

  • 何か持っていくものはありますか
    Do you have anything to bring?
  • 明日に備えてゆっくり休んで
    Rest well in preparation for tomorrow
  • 思いっきり遊ぶ
    Play with all your might
  • 明日は何しようかな
    What shall we do tomorrow?

何か持っていくものはありますか」の英語の説明と注意点

英語で「何か持っていくものはありますか」は “Do you have anything to bring?” と言います。

ここで “anything” は「何か」という意味で、”bring” は「持ってくる」という動作を指します。

しかし、文脈によっては「持参するもの」や「必要なもの」など、具体的なニュアンスが必要になる場合もありますね。

Do you have anything to bring for the potluck?
「持ち寄りのために何か持ってきますか?」

しかし、このフレーズを使う際は、相手が何を持ってきたいのか、または何を持ってくるべきかの文脈をしっかりと

感想に使える英語

公園についたときや、遊びに関するフレーズも覚えておくと会話がもっと弾んで自然に英語を使えるようになりますよね。

  • 私はとても楽しかったです
    I had a lot of fun
  • 今日はピクニック日和
    Today is perfect for a picnic
  • 最高の眺めだね
    What a great view
  • 広い芝生だね
    What a big lawn

「私はとても楽しかったです」の英語の説明と注意点

英語で「私はとても楽しかったです」は “I had a lot of fun” と言います。

“I had” は過去形で「私は…持っていた」という意味になりますね。

そして “fun” は「楽しさ」や「楽しい時間」を指す言葉です。

I had a lot of fun at the party last night.
「昨晩のパーティーはとても楽しかったです。」

しかし、”fun” は名詞としても形容詞としても使用されることがあります。

文脈によって使い方や意味が変わるので注意が必要ですよ。

ピクニック日和の英語の説明と注意点

英語で「ピクニック日和」は “Perfect Picnic Weather” と言います。

「Perfect」は「完璧な」を意味し、「Picnic」は「ピクニック」、「Weather」は「天気」なんですね。

Let’s have a picnic. The weather is perfect!
「ピクニックに行こう。天気が最高だから!」

しかし、”Perfect” は他の名詞と一緒に使うこともできます。

なので、文脈によっては「完璧な」と他のものに使われることもありますよ。

「最高の眺め」の英語の説明と注意点

英語で「最高の眺め」は “What a great view” と言います。

「What」は驚きや感嘆を表し、「great」は素晴らしいという意味です。

そして「view」は眺めること、または見るものを意味します。

なので、この表現は自然な風景や美しい場所に感動した時に使う言葉なんです。

What a great view from this mountain top!
「この山頂からの眺め、素晴らしいですね!」

しかし、”view”は「見解」や「意見」を意味することもあります。

なので、文脈によって意味が変わることを覚えておくといいですね。

休憩に使える英語

遊びは楽しいのでついついやり過ぎてしまうこともあります。そんなちょっと休憩したいときに使えるフレーズを集めてみました。

  • 休憩してね
    Take a break
  • ちょっと休憩します
    I’ll take a short break
  • ちょっと遊びすぎちゃった
    I played a little too much
  • ゆっくり過ごしてね
    Take it easy

「休憩してね」の英語の説明と注意点

英語で「休憩してね」は “Take a break” と言います。

「Take」は「取る」や「する」、「a break」は「休憩」を意味します。

組み合わせると「休憩を取る」や「休憩をする」となりますね。

Don’t push yourself too hard. Take a break.
「無理しないで。休憩してね。」

しかし、”break” は他にも「壊れる」や「休日」などの意味があるので、文脈によって意味が変わることがあります。

「ゆっくり過ごしてね」の英語の説明と注意点

英語で「ゆっくり過ごしてね」は “Take it easy” と言います。

「Take」は「取る」を意味し、”it easy”は「楽にする」の意味なので、「楽にやる」なんですね。

Take it easy, you need a break.
「ゆっくり休んで、休憩が必要だよ。」

しかし、この表現はカジュアルなものなので、堅苦しい場面での使用は避けるようにしましょう。

食事の時に使える英語

外で遊んでいるとどうしてもお腹が減ってしまいます。ちょっと何かを食べるときに使えるフレーズを集めてみました。

  • お弁当を作る
    Make a lunch box
  • お弁当箱
    Lunch box
  • 3時のおやつ
    3 o’clock snack

お弁当を作るの英語の説明と注意点

英語で「お弁当を作る」は “make a lunch box” と言います。

“Make” は「作る」を意味し、”lunch box” はお弁当の容器とその中身を指すことが多いです。

しかし、英語の “lunch box” は、単に容器だけを指す場合もあるので、文脈によっては “packed lunch” や “bento”という言葉を選択することが必要ですよね。

Would you like me to make a lunch box for tomorrow?
「明日のお弁当を作って欲しいですか?」

しかし、”lunch box” だけでは、単に容器を指す場合もあるので、具体的に中身も含めて言いたい時は、文脈を明確にすることが大切です。

お弁当箱の英語の説明と注意点

英語でお弁当箱は “lunch box” と言います。

「Lunch」は昼食を意味し、「box」は箱を指します。

だから、文字通りに訳すと「昼食の箱」になりますね。

Could you pass me my lunch box, please?
「お弁当箱を渡してもらえますか?」

しかし、”box”は「箱」全般を指すため、他の箱形の物体もこの言葉で表すことができます。

なので、”lunch box”以外の”box”を見かけたら、文脈によって意味が変わることを覚えておきましょう。

「3時のおやつ」の英語の説明と注意点

英語で「3時のおやつ」は “3 o’clock snack” と言います。

この表現は日本の文化に近いもので、午後3時に小腹が空いて軽い食事を取ることを指します。

“3 o’clock” は時間を指し、”snack” は軽食を意味するので、この時刻に取るおやつになりますね。

Would you like a 3 o’clock snack?
「3時のおやつはいかがですか?」

しかし、この表現は日本特有のものであるため、他の国では必ずしも共通して理解されるわけではないのですよ。