PR

「~することは可能ですか?」は英語で何て言うの?

脱毛

日常会話で頻繁に使う「することは可能ですか?」「することはできますか?」という表現を英語で学びましょう。

ちょっとした会話で誰かに何かをお願いしたいときに頻繁に使うフレーズなので、マスターしておくとかなり重宝しますよ。

「することは可能ですか」の英語の説明と注意点

「することは可能ですか」は英語では “Is it possible to“と言います。

この表現は、相手に何かをすることが可能かどうか問いかけるときに使います。

“Is it possible to”の後に動詞の原形を続けるのが一般的です。

“Is it possible to learn English in a month?”「1ヶ月で英語を習得することは可能ですか?」

この表現を使う時、相手が問いかけに答えられるか、それとも何かを行う能力があるかどうかを確認しているんです。

「することは可能ですか」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

“Is it possible to borrow this book?”「この本を借りることは可能ですか?」

モカ
モカ

“Sure, you can borrow it.”「もちろん、借りることができますよ。」

「することは可能ですか」に関連する英語表現

似た意味を持つ表現として “Can I” や “Could I” があります。

これらも同様に、何かをすることが可能かどうかを尋ねる時に使います。

“Can I use your phone?”「あなたの電話を使うことは可能ですか?」

ちなみに、「Could I」は「Can I」よりも丁寧な表現ですね。

「することは可能ですか」を英語で聞いてみよう

あなたが一番理解を深めるためには、ネイティブスピーカーが “Is it possible to”をどのように発音するか、耳を傾けてみてください。

スピードが早すぎる場合は、再生速度を調整してみてね。

https://youtu.be/xy9nj94xvKA?t=27

is it possible to create a world powered entirely by wind?風だけで動く世界を作ることは可能か?

私が「することは可能ですか」を覚えた体験談

私がホームステイをしていた時の話です。滞在先の家族に “Is it possible to have some more pie?” と尋ねたことがあります。

それまで私は “Can I” しか使っていなかったのですが、その家族が “Is it possible to” を頻繁に使っていて、それを聞いて私も使ってみようと思ったんです。

私がその表現を使ったとき、私の成長をとても喜んでくれて、それ以来この表現は私の英語会話に欠かせないものとなりました。

「~してもいいですか」は英語で何て言うの?

英語では、“May I” や “Can I” を使って表現します。

これらの表現は、許可を求めるときや他人から何かを得るときに使います。

“May I open the window?”「窓を開けてもいいですか?」

こんな感じで許可を求める時には “May I” を使ってみてくださいね。

「可能です」は英語で何て言うの?

「可能です」を英語で言うとどうなるでしょう。

「可能です」は英語では “It is possible.” と表現します。

これは何かが可能であること、つまり実現できることを表すのに使います。

  • “It is possible to finish the work today.”
  • 「今日中に仕事を終えることは可能です。」

この表現、なかなか便利ですよね。

日常生活の中でさまざまな状況で使うことができますから、ぜひ覚えてみてくださいね。

まとめのクイズ

記事の内容を確認するために、いくつかのフレーズを使った簡単なクイズに挑戦してみましょう。

1: “_____ the door, please.” 「ドアを開けてください。」

A) Open B) Close C) Lock

2: “_____ go to the concert tonight?” 「今夜コンサートに行ってもいいですか?」

A) May I B) Should I C) Could you

3: “With hard work, it is _____ to pass the exam.” 「努力すれば試験に合格することは可能です。」

A) Possible B) Probable C) Easy

答え:

1: A) Open2: A) May I3: A) Possible

これらのフレーズを頭に入れて、実際の会話でも活用できるようにしましょう。次回の記事もお楽しみに!

記事は見つかりませんでした。