PR

「相手の立場になって考える」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

日常生活でよく使われる「相手の立場になって考える」。

この表現は英語ではどう言うのでしょうか?この記事では、この表現の英語版を紹介し、使い方を解説します。

英語で思いやりのある会話をするためのポイントをお伝えしますよ。

「相手の立場になって考える」の英語の使い方と注意点

英語で「相手の立場になって考える」は “put yourself in someone else’s shoes” と言います。

It’s important to put yourself in someone else’s shoes before making a decision.
決断を下す前に、相手の立場になって考えることが重要です。

しかし、この表現は比喩的な意味を含むので、文脈に合わせて使うことが大切です。

「相手の立場になって考える」を使った例文

ラテ
ラテ

Could you understand why he reacted that way?
彼がなぜあのように反応したのか、理解できますか?

モカ
モカ

Try to put yourself in his shoes, and you’ll see it differently.
彼の立場になって考えてみると、見方が変わるよ。

「相手の気持ちになって考える」は英語で何て言うの?

「相手の気持ちになって考える」は英語で “empathize with someone” と言います。

  • To empathize with someone, you must listen to their concerns.
    相手の気持ちになって考えるためには、彼らの懸念を聞く必要があります。

しかし、この表現は深い理解と感情移入を必要とするので、本当に相手の気持ちを考える時に使いましょう。

「相手のことを思いやる」は英語で何て言うの?

「相手のことを思いやる」は英語で “show concern for someone” と言います。

She always shows great concern for her friends’ well-being.
彼女はいつも友達の幸せを思いやっています。

ちなみに、この表現は他人の幸せを願う優しい気持ちを示す時に使います。

「の立場から考えると」は英語で何て言うの?

「の立場から考えると」は英語で “from the perspective of” と言います。

  • From the perspective of a teacher, this method is more effective.
    教師の立場から考えると、この方法の方が効果的です。

つまり、この表現を使うことで、特定の観点から物事を評価することができます。

「相手の立場に立って考える」の英語のことわざは?

「相手の立場に立って考える」に相当する英語のことわざは

“Walk a mile in someone else’s shoes”

このことわざは、他人を判断する前に、その人の立場に立って考えるべきだという意味です。

「Considerとthink」の英語の違いは?

「Consider」と「think」はどちらも「考える」という意味ですが、使い方が少し違います。

  • 「Consider」は慎重な思考を意味し、選択肢に対して心を開いていることを示します。
  • 「think」はもっとカジュアルで、個人的な意見を表す時によく使います。

つまり、「consider」は慎重に考える時、「think」はもっと自由な意見を言う時に使うと良いでしょう。

記事は見つかりませんでした。