PR

「手を挙げる」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

教室や会議でよく使われる「手を挙げる」という動作、これは英語でどう表現するのでしょうか?

この記事では、その英語表現と使い方を分かりやすく解説します。

英語でのクラスやミーティングがよりスムーズになるように、この表現をマスターしましょう!

「手を挙げる」は英語で何て言うの?

英語で「手を挙げる」は「raise your hand」と表現します。

この表現は、意見を言いたい時や答えを知っている時に使われます。

Please raise your hand if you know the answer.
答えが分かる人は手を挙げてください。

しかし、この表現は主に教室や公式な会議で使われるので、カジュアルな場では少し堅苦しく感じられるかもしれませんね。

「手を挙げる」を使った例文

ラテ
ラテ

Who wants to go next?
次に行きたい人は?

モカ
モカ

I do! Let me raise my hand.
はい、私です!手を挙げましょう。

「手を上げました」は英語で何て言うの?

「手を上げました」は英語で「I raised my hand」と表現します。

過去形を使って、手を上げた事実を伝えることができます。

I raised my hand to ask a question.
質問するために手を上げました。

しかし、この表現も公式な場に適しており、カジュアルな状況では他の表現を使うこともあります。

「手を上げろ」は英語で何て言うの?

指示を出す時に「手を上げろ」と言いたい場合、英語では「Raise your hand」と命令形を使います。

  • Raise your hand before you speak.
    話す前に手を上げろ。

ちなみに、英語では命令形を使う時は相手との関係や状況によって表現を変えることが大切です。友達にはもっとカジュアルな言い方をすることがあります。

「手を挙げてください」は英語で何て言うの?

「手を挙げてください」は英語で「Please raise your hand」と表現します。

この表現は、命令よりも丁寧な依頼を伝えるのに適しています。

Please raise your hand if you have a question.
質問がある人は手を挙げてください。

つまり、この表現を使うことで、教室や会議でのルールを優しく伝えることができます。

「手を下げる」は英語で何て言うの?

「手を下げる」は英語で「lower your hand」と言います。

この表現は、手を上げた後に使うことが多いです。

  • You can lower your hand now.
    手を下げても大丈夫です。

つまり、「lower your hand」は、手を挙げた後に、それを終了させるときに使う表現です。

記事は見つかりませんでした。