PR

「~だと気づく」は英語で何て言うの?

脱毛

あなたの英語力をさらに引き立てる、新鮮な表現を3つご紹介します。

「はっと気づく」、「間違いに気づく」、「良い気づき」を英語でどう表現するか。

これらをマスターすれば、英語の表現力が一段と上がりますよ!

「~だと気づく」の英語の説明と注意点

英語で「~だと気づく」は “realize” と言います。

ある事実や情報に気づくとき、特に新たな理解や認識が生まれる場合に用います。

I realized I forgot my wallet. 「財布を忘れたと気づきました。」

しかし、”realize”は自分がある事実や情報に気づく場合にのみ使用します。

他人が何かを気づいたと表現する場合には、”notice”や”see”など別の動詞を使います。

「~だと気づく」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

I realized I was late for the meeting. 「会議に遅れていると気づきました。」

モカ
モカ

When did you realize you loved her? 「彼女のことを愛していると気づいたのはいつですか?」

「~だと気づく」に関連する英語表現

“realize” と関連する表現としては、“come to realize”があります。これは「徐々に~だと気づく」や「最終的に~だと気づく」という意味になります。

  • I came to realize the importance of health. 「健康の大切さを徐々に理解するようになりました。」

ちなみに、「~だと気づく」をもっとカジュアルに表現する場合は、”figure out”を使うこともあります。

「~だと気づく」を英語で聞いてみよう

音声教材やYouTubeなどで「realize」の発音を聞いてみてください。

“realize” の “z” の音は日本語の「ず」や「ぜ」のように発音しますが、舌の先を上歯茎に近づけ、声を出しながら息を吹き出すのがポイントですよ。

it made me realize that I’m not the only person
私だけじゃないんだと気づかされた。

私が「~だと気づく」を覚えた体験談

実は私が “realize” という単語を覚えたのは、スーパーマーケットでのことです。

普段はあまり注意していなかったんですが、ある日レジで財布を開いたとき、いつものようにポイントカードを出そうとしたら、ないことに気づきました。

その時、私は「I realized I lost my point card」(ポイントカードをなくしたと気づきました)と自分で英語で考えるようになりました。

それから、「realize」は私の英語学習にとって重要な単語になりましたね。

「はっと気づく」は英語で何て言うの?

日本語の「はっと気づく」は突然何かに気づいたときの感じを表しますよね。英語ではこの感じを “Suddenly realize” や “It hits me” と表現します。

It hit me that I had left my keys at home. 「はっと家に鍵を忘れてきたことに気づいた。」

しかし、「はっと気づく」をそのまま直訳すると英語の感覚とは少し異なる場合があるんです

。文脈によっては「come to realize」や「it dawns on me」などを使うこともあるから覚えておきましょう。

「間違いに気づく」は英語で何て言うの?

日本語の「間違いに気づく」は、自分の誤りや他人の誤りに気付いた時に使いますね。英語ではこの感じを “Notice a mistake” や “Realize an error” と表現します。

  • I realized my error when I checked my work. 「自分の作業をチェックしていて間違いに気づきました。」

ちなみに、「気づく」は realize や notice などの動詞と共に使われますが、何に気づくのかはその後の文脈によります。ここでは “error” を用いて「間違い」を表現しています。

「良い気づき」は英語で何て言うの?

日本語の「良い気づき」は有益な洞察や新たな理解を得た時に使われますよね。英語ではこの感じを “Good insight” や “Valuable realization” と表現します。

Your presentation gave me some valuable realizations. 「あなたのプレゼンテーションからは良い気づきを得ました。」

つまり、「気づき」は “realization” や “insight” などで表現され、「良い」は “good” や “valuable” などの形容詞で補強されます。

このように英語では形容詞を使って表現のニュアンスを調整することが多いので、様々な形容詞とその使い方を覚えるとより自然な英語表現ができるようになりますね。

まとめのクイズ

最後にこの記事に出てきたフレーズを使った簡単なクイズを出しますので挑戦してみてください。

問題1: It _ me that I had left my keys at home.
「はっと家に鍵を忘れてきたことに気づいた。」

A) knew
B) hit
C) touched

問題2: I _ my error when I checked my work.
「自分の作業をチェックしていて間違いに気づきました。」

A) realized
B) thought
C) understood

問題3: Your presentation gave me some _ realizations.
「あなたのプレゼンテーションからは良い気づきを得ました。」

A) simple
B) bad
C) valuable

答え:
問題1の答え: B) hit
問題2の答え: A) realized
問題3の答え: C) valuable

記事は見つかりませんでした。