PR

「2番目に多い」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

日常会話では、”most”という言葉は頻繁に用いられますね。

最高、最大、最も…といった意味で使われます。

しかし、一つ問題があるとすれば「2番目に」と表現したいときはどうなるでしょう?

そんな時に使える「The second most」という表現について詳しく解説していきます。

「2番目に多い」の説明と注意点

“The second most”とは英語で、何かが2番目に多い、あるいは2番目に大きいといった意味を表します。

「The most」が「最も」を意味するのに対し、「The second most」は次に多い、つまり2番目に最もを意味します。

一見簡単に見えますが、日本語と英語とでは表現の仕方が違うため、用途に注意が必要なんです。

「2番目に多い」を使った会話の例

それでは、「The second most」を使った具体的な会話例を見てみましょう。

ラテ
ラテ

“Tokyo is the second most populous city in the world.”
東京は世界で2番目に人口が多い街です。

モカ
モカ

“My second most favorite food is sushi.”
2番目に好きな料理は寿司です。

「2番目に多い」に関連する表現

“Second largest”, “Second highest”なども「The second most」と同様に使われる表現ですね。

これらはそれぞれ「2番目に大きい」、「2番目に高い」という意味になります。

ちなみに、「The most」だけでなく、「The third most」、「The fourth most」などと数字を変えることで、3番目、4番目といった表現も可能です。

「2番目に多い」を聞いてみよう

実際にネイティブスピーカーがどのように発音しているかリスニングに挑戦してみましょう。もし音声が早すぎる場合は再生速度を調整して聴いてみてください。

The second most common question that I hear from patients.
2番目に多く患者から聞かれた質問。

私が「2番目に多い」を覚えた体験談

私が「The second most」について深く理解するきっかけとなったエピソードは私が友達とレストランに行った時です。

料理を注文する際に、私たちはいつもお気に入りのメニューを選びます。

ある日、私たちは「1番好きなメニューは何か?」と話していました。

そして次に「2番目に好きなメニューは?」という質問が出ました。

日本語では自然な会話ですが、英語で表現すると、「My second most favorite menu is…」となります。

このエピソードを通じて、「The second most」の表現が日常生活でどれほど使われているかを実感しました。

これらの経験を踏まえ、今回の記事を書いてみました。英語表現の一部として、「The second most」を有効に使えるようになれば嬉しいですね。

「割合」は英語で何て言うの?

“割合”は英語で“percentage”と言います。

これは一部が全体の何%を占めているかを示すための値です。

例えば、”50% of the students are boys.”という表現は、「生徒の50%が男子です」という意味になります。

「~に次いで」は英語で何て言うの?

“に次いで”は、あるものが他のものに続いて位置する、またはランキングで次にくることを意味します。

  • “He is the second richest man in the world, following Bill Gates.”

「彼はビル・ゲイツに次いで世界で2番目に裕福な男性です」という意味になります。

「3番目に多い」は英語で何て言うの? 

“3番目に多い”=“the third most”

これはある集合内で3番目に多いものを指すときに使います。

例えば、「これは世界で3番目に話されている言語です」は英語では”This is the third most spoken language in the world.”と表現されます。

「2番目に人口が多い」は英語で何て言うの? 

  • “2番目に人口が多い”=”the second most populous”

これはある地域や国などの人口が2番目に多いことを表します。

例えば、「インドは世界で2番目に人口が多い国です」は英語では”India is the second most populous country in the world.”と表現されます。

「3番目に人気」は英語で何て言うの? 

“3番目に人気”=”the third most popular”

これはあるものが人気度合いで3番目であることを示します。

例えば、「これはこの店で3番目に人気の商品です」は英語では”This is the third most popular product in this store.”と表現されます。

「1番少ない」は英語で何て言うの? 

  • “1番少ない”=”the least”と言います。

これはある集合の中で最も少ないものを指すときに使います。

例えば、「これはクラスで1番低い成績です」は英語では”This is the least score in the class.”と表現されます。

「2番目に高い」は英語で何て言うの?

「2番目に高い」は英語で「the second highest」と言います。

「the second highest」は、あるグループやリストの中で、最も高いものに次ぐ高さを持つものを指します。

Mount K2 is the second highest mountain in the world.
マウントK2は世界で2番目に高い山です。

しかし「the second highest」を使う時は、比較している対象が明確であることが大切ですよね。

「量が多い」は英語で何て言うの?

「量が多い」は英語で「abundant」と表現します。

「abundant」は「豊富な」「たくさんの」という意味で、大量または豊富な量を表す時に使います。

  • The market had an abundant supply of fresh fruits.
  • 市場には新鮮な果物が豊富にありました。

ちなみに、「abundant」は自然な豊かさや資源の多さを表す際にもよく使われます。

まとめのクイズ

このフレーズの使い方をしっかり覚えることができたかクイズを出しますので挑戦してみてください。

1: The _____ of women to men in our office is 3 to 2.
私たちのオフィスでは、女性から男性への比率は3対2です。

A) percentage
B) ratio
C) proportion

2: China is the _____ populous country in the world.
中国は世界で最も人口が多い国です。

A) least
B) most
C) third most

3: English is the _____ most spoken language in the world, following Mandarin.
英語は、中国語に次いで世界で最も話されている言語です。

A) second
B) third
C) first

答え:

1: B) ratio 2: B) most 3: A) second

記事は見つかりませんでした。