PR

「たまたま見つけた」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

英語の中には「偶然性」を表現する便利なフレーズがあります。

本記事では、それらを日本語から直訳する代わりに、自然な英語表現に置き換える方法をご紹介します。

これで、あなたもネイティブのような英語を話せるようになりますよ!

「たまたま見つけた」の英語の説明と注意点

英語で「たまたま見つけた」は “Stumbled upon” と言います。

“Stumble”は「つまずく」を意味し、”upon”は「~の上に」を意味します。

なので、直訳すると「つまずいて~を見つけた」くらいの意味になります。

I stumbled upon a rare book at the flea market. 「フリーマーケットで珍しい本をたまたま見つけたんです。」

しかし、「stumble upon」は偶然見つけるという意味で、予想外の出来事や偶然の発見を表しますので、狙って何かを探して見つけた場合には使わないようにしましょう。

「たまたま見つけた」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

I stumbled upon an old photo of us while I was cleaning the house. 「家を掃除していたら、私たちの古い写真をたまたま見つけたんですよ。」

モカ
モカ

She stumbled upon a great deal while shopping online. 「彼女はオンラインショッピング中に素晴らしいディールをたまたま見つけましたね。」

「たまたま見つけた」に関連する英語表現

「stumbled upon」は、何かを偶然見つけるという意味ですが、「came across」も同じ意味でよく使われます。

なお、「came across」の方がややフォーマルな感じがします。

  • I came across a cute cat on my way home. 「家に帰る途中、可愛い猫を偶然見つけました。」

ちなみに、これらの表現は日常生活でよく使用されますが、特に「stumbled upon」は意外な出来事や驚きの発見を強調したいときに使われます。

「たまたま見つけた」を英語で聞いてみよう

ネイティブスピーカーがどのように「stumbled upon」を発音しているかを確認してみてください。

特に「stumbled」の’d’は日本語の「ど」よりも口を開けて、息を抜きながら発音することがポイントですよ。

While riding my bike around London, I stumbled upon this and was like
ロンドンを自転車で走っていたとき、偶然これを見つけた。

私が「たまたま見つけた」を覚えた体験談

私が “stumbled upon” という表現を覚えたのは、実は街のカフェでのこと。

珍しく自宅から遠くにあるカフェに行ったとき、不意に素晴らしいジャズライブに遭遇しました。

偶然にもその日、私の好きなジャズバンドが演奏をしていたんです。

友人が「Wow, we really stumbled upon a treat!」と言ったのが印象的でした。

それからというもの、「stumbled upon」は私の英語学習のキーワードになりましたね。

「偶然通りかかった」は英語で何て言うの?

「偶然通りかかった」は英語で “happened to pass by” と表現します。

これはある場所を特に目的もなく、偶然に通りかかったときに使います。

より口語的な表現としては “just walked by” もよく使われます。

I happened to pass by this store and found a great deal. 「偶然この店を通りかかったら、とてもお得な商品を見つけました。」

しかし、”happened to” の後にはいろんな動詞が来るので、”happened to see” “happened to meet” などといった表現も見かけますよ。

「たまたまテレビで見た」は英語で何て言うの?

「たまたまテレビで見た」は英語で “happened to see on TV” と言います。

これは何か特定の情報を探していたわけではなく、偶然テレビでその情報を目にしたときに使います。

  • I happened to see this movie on TV last night, and it was great. 「昨夜、たまたまテレビでこの映画を見たんです。すごく良かったですよ。」

ちなみに、”happen to” の後には他の動詞も使えます。

たとえば、”I happened to find” “I happened to hear” などといった表現もありますね。

「たまたまそこにいた」は英語で何て言うの?

「たまたまそこにいた」は英語では “just happened to be there” と表現します。

これは、特別な理由もなく、偶然その場所にいたときに使います。

When the accident happened, I just happened to be there. 「事故が起こったとき、たまたまそこにいたんです。」

つまり、「偶然」を表す英語表現には “happen to” というフレーズがよく使われますね。

ただ、この表現は偶然性を強調するため、計画的な行動を表すときには適していないということを覚えておきましょう。

「たまたま」は英語で何て言うの?

「たまたま」は英語で “by chance” や “accidentally” と言えます。

これらの言葉は何かが偶然に起こったことを表します。

I met her by chance at the supermarket.
スーパーマーケットでたまたま彼女に会いました。

しかし「by chance」や「accidentally」は偶然性を強調するので、計画されていない出来事を表すときに使うといいですね。

「たまたま」は英語のスラングで何?

「たまたま」を英語のスラングで表現すると “coincidentally” や “out of the blue” があります。

これらの表現も偶然や予期せぬことを示します。

  • She called me out of the blue, and we ended up talking for hours.
    彼女が突然電話してきて、何時間も話し込んでしまった。

ちなみに、「out of the blue」は特に予期しない出来事を強調するので、サプライズや驚きを伝えるときに便利です。

「たまたま」のビジネス英語は?

ビジネスの文脈で「たまたま」を使う場合は “serendipitously” が適切です。

この言葉は偶然ながらも幸運な出来事を意味します。

We serendipitously found a solution in an old report.
たまたま古いレポートで解決策を見つけました。

つまり、「serendipitously」は幸運な偶然を表現するので、ビジネスでの意外な成功や発見について話すときに使えます。

「見つけた」は英語のスラングで何?

「見つけた」をスラングで表現するときは “spotted” や “caught sight of” があります。

これらの表現は何かを見つけたり、気づいたりすることを指します。

I spotted an old friend in the crowd.
群衆の中で古い友人を見つけた。

つまり、”spotted” や “caught sight of” は何かを発見したり、注目したりする瞬間を表現するのに適しています。

まとめのクイズ

さて、この記事で学んだフレーズを使ったクイズに挑戦しましょう。

問題1: I _ this store and found a great deal.
「偶然この店を通りかかったら、とてもお得な商品を見つけました。」

A) just walked by
B) just found
C) just entered

問題2: I _ this movie on TV last night, and it was great.
「昨夜、たまたまテレビでこの映画を見たんです。すごく良かったですよ。」

A) happened to find
B) happened to see
C) happened to watch

問題3: When the accident happened, I _.
「事故が起こったとき、たまたまそこにいたんです。」

A) just happened to be there
B) just happened to see there
C) just happened to pass by

答え:
問題1の答え: A) just walked by
問題2の答え: B) happened to see
問題3の答え: A) just happened to be there

お疲れさまでした!英語学習はコツコツと続けることが大切ですね。引き続き頑張りましょう!

記事は見つかりませんでした。