PR

「昨日はお疲れ様でした」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

日本のビジネスシーンでよく使われる「昨日はお疲れ様でした」。

これを英語でどう表現するか、またその使い方について解説します。

英語での正しい表現を身につけることで、国際的なビジネスシーンでもスムーズにコミュニケーションが取れるようになりますよ。

「昨日はお疲れ様でした」は英語で何て言うの?

英語で「昨日はお疲れ様でした」は、「Thank you for your hard work yesterday」と表現します。

これは感謝の気持ちを表す表現です。

Thank you for your hard work yesterday.
昨日はお疲れ様でした。

しかし、英語圏では日常的にこの表現を使うことは少ないですよね。

「昨日はお疲れ様でした」を使った例文

ラテ
ラテ

Thank you for your hard work yesterday. The presentation was great!
昨日はお疲れ様でした。プレゼンテーション、素晴らしかったです!

モカ
モカ

No problem, glad I could help.
いえいえ、お役に立てて嬉しいです。

「お疲れ様です」は英語で何て言うの?

日本のオフィスでよく使われる「お疲れ様です」は、英語では「Good job」とか「Well done」と表現できます。

  • Good job on the project!
    プロジェクト、お疲れ様です!

しかし、英語ではこの表現を毎日使うことは少ないです。

特別な成果を認める時に使うことが多いですね。

「お疲れ様」を英語でネイティブは何て言う?

「お疲れ様」という日本特有の表現は、英語では直接的な対応がないですが、「Good job」や「Nice work」で似たニュアンスを表せます。

Nice work today!
今日はお疲れ様!

ちなみに、英語圏ではこのような表現を日常的に使うことは少なく、特別な成果や努力を称える時に使うことが多いです。

「お疲れ様でした」のビジネス英語は?

ビジネスシーンで「お疲れ様でした」と言いたい時は、「Thank you for your effort」とか「Thanks for your hard work」と表現できます。

  • Thanks for your hard work on the project.
    プロジェクトでのご尽力、ありがとうございました。

つまり、英語のビジネスシーンでは、感謝の気持ちを具体的に表現することが大切です。

「お疲れ様」は英語のスラングで何?

「お疲れ様」という日本語表現は、英語のスラングでは直接的な対応がありませんが、「Cheers for the work」などが近いニュアンスを持ちます。

Cheers for the work today!
今日はお疲れ様!

しかし、これも日本語の「お疲れ様」と同じように使われるわけではないですよ。

英語では日常的に感謝や労いの言葉を多用する文化は少ないですね。

記事は見つかりませんでした。