PR

「喉乾く」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

皆さんはのどが乾いたとき、どう表現しますか?

「喉乾く」という簡単な言葉で、大切な要求を伝えることができますよね。

この記事では、「喉乾く」と英語でどう言うのか、そしてその使い方を紹介します。

英語でのどの渇きを伝える方法を学ぶことで、日常会話がもっとスムーズになりますよ。

「喉乾く」の英語の使い方と注意点

英語で「喉乾く」は「I’m thirsty」と表現します。

「thirsty」は「のどが渇いている」という意味です。

I’m thirsty after jogging.
ジョギングの後で喉が乾きました。

しかし、この表現は非常に一般的で、どんな状況でも使えます。

「喉乾く」を使った例文

ラテ
ラテ

Could I get a glass of water? I’m really thirsty.
水を一杯もらえますか?本当に喉が乾いています。

モカ
モカ

Sure, here you go.
もちろん、どうぞ。

「喉」は英語で何て言うの?

「喉」は英語で「throat」と言います。

これは体の部位を指す言葉です。

  • I have a sore throat.
    喉が痛いです。

しかし、「throat」を使うときは、話している部位が明確になるようにしましょう。

「喉が痛い」は英語で何て言うの?

「喉が痛い」は英語で「I have a sore throat」と表現します。

「sore throat」は「喉の痛み」を意味します。

My throat hurts when I swallow.
飲み込むと喉が痛いです。

ちなみに、喉の痛みがある場合、症状をより詳しく説明することもできます。

「喉が乾いた」は英語のスラングで何?

「喉が乾いた」をカジュアルな英語で表現すると、「I’m parched」となります。

「parched」は非常に渇いた状態を意味するスラングです。

  • Man, I’m parched! Let’s get a drink.
    めっちゃ喉乾いた!飲み物を買いに行こう。

つまり、「I’m parched」と言うことで、とても喉が渇いていることを友達などに伝えることができます。

記事は見つかりませんでした。