PR

「寒すぎる」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

冬の寒い日、私たちはよく寒すぎると感じることがありますよね。

この記事では、英語で「寒すぎる」をどう表現するか、またその使い方を説明します。

英語で天気について上手に表現すると、友達との会話がもっとスムーズになりますよ。

「寒すぎる」の英語の使い方と注意点

英語で「寒すぎる」は「It’s too cold」と言います。

普通の「cold」よりも、もっと寒さを強調したいときに「too」を使います。

It’s too cold to go outside today.
今日は外に出るには寒すぎる。

しかし「too cold」は非常に寒い状態を示すので、本当に寒い時に使うと良いですよね。

「寒すぎる」を使った例文

ラテ
ラテ

Do you want to go for a walk?
散歩に行かない?

モカ
モカ

I’d love to, but it’s just too cold today.
行きたいけど、今日は寒すぎるよね。

「今日はめっちゃ寒いね」は英語で何て言うの?

「今日はめっちゃ寒いね」は英語で「It’s really cold today」と表現します。

「really」は「とても」という意味で、寒さを強調する時に使います。

  • It’s really cold today, isn’t it?
    今日はめっちゃ寒いね。

しかし「really cold」はかなり寒い状態を示すので、かなり寒い時に使うと良いですね。

「寒すぎるよね」は英語で何て言うの?

「寒すぎるよね」も「It’s too cold, isn’t it?」と表現できます。

「isn’t it?」を文末に加えることで、相手に同意を求めるニュアンスを出すことができます。

It’s too cold today, isn’t it?
今日は寒すぎるよね。

ちなみに、同じ意味をもっとカジュアルに伝えたい場合は、「It’s freezing, huh?」という表現もあります。

「今日はとても寒いです」は英語で何て言うの?

「今日はとても寒いです」は英語で「It’s very cold today」と言います。

「very」は「とても」という意味で、寒さを程よく表現するのに適しています。

  • It’s very cold today.
    今日はとても寒いです。

つまり「It’s very cold today」と言うことで、今日の寒さを表現することができるんです。

「私は寒い」は英語で何て言うの?

「私は寒い」は英語で「I’m cold」と言います。

これは自分が寒いと感じている時に使います。

I’m cold. Can we turn up the heat?
寒いです。暖房を強くしてもらえますか?

ちなみに、「I’m a bit chilly」はもう少し穏やかな言い方で、「少し寒い」という意味です。

「寒い」は英語のスラングで何?

英語のスラングで「寒い」と言いたい時は、よく「It’s freezing」と使われます。

これは非常に寒い状態を表します。

  • It’s freezing out here!
    ここは凍えるほど寒い!

つまり、「It’s freezing」と言うことで、とても寒いことを強調できます。

「Cold」と「Cool」の英語の違いは?

「Cold」と「Cool」は両方とも温度に関連する言葉ですが、意味が異なります。

「Cold」は「寒い」という意味で、非常に低い温度を指します。

一方、「Cool」は「涼しい」や「少し寒い」という意味で、快適な低温を表します。

It’s cold in the winter.
冬は寒い。

The weather is cool in the evening.
夕方は涼しいです。

つまり、「cold」は寒すぎる状態を、「cool」は快適な低温を指すんです。

記事は見つかりませんでした。