PR

「残念なことに」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

「残念なことに」は、日常会話やビジネスシーンでしばしば使われるフレーズですよね。

この記事では、英語で「残念なことに」とどう表現するか、またその使い方を詳しく解説します。

この表現を覚えると、英語での表現力がグッと上がりますよ。

「残念なことに」は英語で何て言うの?

英語で「残念なことに」は “Unfortunately” と言います。

この言葉は、残念なニュースや情報を伝える前に使われます。

Unfortunately, we cannot accept your request.
残念ながら、あなたのリクエストは受け入れられません。

しかし、「Unfortunately」は使う場面を選び、相手に対する配慮が必要ですよね。

「残念なことに」を使った例文

ラテ
ラテ

Unfortunately, the meeting has been cancelled.
残念ながら、会議は中止になりました。

モカ
モカ

I understand, that’s disappointing.
わかりました、それは残念ですね。

「残念な」は英語で何て言うの?

「残念な」を英語で表すと “regrettable” や “disappointing” となります。

これらの言葉は、期待していたことが叶わなかったり、望ましくない状況を表す時に使います。

  • It’s regrettable that we missed the deadline.
    締め切りに間に合わなかったのは残念です。

「しかし」使う文脈によって、より適切な言葉を選ぶことが大切ですね。

「残念なことに」は英語のスラングで何?

スラングで「残念なことに」を表現するときは、“bummer” や “that sucks” が近いです。

これらはカジュアルな会話でよく使われ、失望や不満を表現する際に便利です。

That’s a bummer, I was really looking forward to it.
それは残念だ、本当に楽しみにしていたんだけど。

「しかし」この表現は非公式な場面に限られますので、注意しましょう。

「残念なことに」のビジネス英語は?

ビジネス英語で「残念なことに」を表すときは、”unfortunately” や “regrettably” を使用します。

これらの言葉は、フォーマルな状況で悪いニュースや困難な決定を伝える際に使われます。

  • Regrettably, we have to postpone the project.
    残念ながら、プロジェクトを延期しなければなりません。

「しかし」このような場面では、相手への思いやりを忘れずに使いましょう。

「とても残念なことに」は英語で何て言うの?

「とても残念なことに」を英語で表すと “very unfortunately” または “extremely regrettable” となります。

これらのフレーズは、特に残念な状況や出来事を強調する際に使います。

Very unfortunately, we lost the contract.
とても残念なことに、契約を失いました。

「つまり」これらの表現は感情を強く示す時に使うと効果的です。

「さらに残念なことに」は英語で何て言うの?

「さらに残念なことに」は英語で “even more unfortunately” または “furthermore, regrettably” と表現できます。

これらの言葉は、既に残念な状況がある上に、さらに悪いニュースを加える時に使います。

  • Even more unfortunately, the costs have also increased.
    さらに残念なことに、コストも増加しました。

「つまり」これらのフレーズは、悪いニュースを重ねて伝える際に使うと良いですね。

記事は見つかりませんでした。