PR

「暖かい服」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

冬が近づくと、暖かい服を着る季節がやってきますね。

英語で「暖かい服」をどう表現するか、ご存知ですか?

この記事では、英語で暖かい服を表現する方法と、その使い方をわかりやすく解説します。

寒い季節も、英語でおしゃれに暖かさを表現しましょう!

「暖かい服」の英語の使い方と注意点

英語で「暖かい服」は “warm clothes” と言います。

冬の寒さから身を守るために、この言葉を使って表現します。

I need to buy some warm clothes for the winter.
冬に向けて暖かい服をいくつか買う必要があります。

“warm clothes” は一般的な暖かい服を指すので、特定の種類を指す場合は、その服の名前を使います。

「暖かい服」を使った例文

ラテ
ラテ

Do you think this sweater is warm enough for snowboarding?
このセーター、スノーボードには暖かいと思う?

モカ
モカ

Yes, it looks like one of those really warm clothes.
ええ、本当に暖かい服の一つに見えますね。

「厚着」は英語で何て言うの?

「厚着」は英語で “dressing in layers” または “layering up” と表現されます。

寒い日に複数の服を重ね着することを意味します。

  • I’m layering up with a shirt, sweater, and coat today.
    今日はシャツにセーター、そしてコートを重ね着してます。

“dressing in layers” は文字通りの意味なので、英会話で自然に聞こえるように状況に応じて使い分けることが大切ですね。

「暖かい」は英語で何て言うの?

「暖かい」という感覚は英語で “warm” と表現します。

この単語は気候や物の温度、感情など様々な文脈で使われます。

This coffee is still warm. Would you like some?
このコーヒーはまだ暖かいです。いかがですか?

ちなみに、「温かい心」を表すときは “warm-hearted” という形容詞を使うことができます。

「マフラー」は英語で何て言うの?

「マフラー」は英語で “scarf” と言います。

首に巻いて暖かさを保つアクセサリーです。

  • I bought a new scarf to keep me warm this winter.
    この冬、暖かくするために新しいマフラーを買いました。

つまり、「マフラー」を “scarf” と表現し、防寒対策としてだけでなく、冬のファッションアイテムとしても楽しむことができるんですね。

「薄着」は英語で何て言うの?

「薄着」は英語で “light clothing” または “dressing lightly” と表現されます。

暖かい季節や室内で、少ない服装で過ごすことを指します。

I prefer dressing lightly in the summer.
夏は薄着を好むんです。

しかし、「薄着」を使う際は、その場の気候や文化に合わせることが重要ですよね。

「WarmとWarmerの違いは?」

「Warm」と「Warmer」の違いは、基本的に「暖かい」と「もっと暖かい」の意味の違いです。

「Warm」は一般的な温かさを表し、「Warmer」は比較級で、より温かい状態を示します。

  • This room is warm, but the kitchen is warmer.
    この部屋は暖かいけど、キッチンの方がもっと暖かいです。

ちなみに、「Warmer」は気温だけでなく、比喩的にも使われることがありますよね。

記事は見つかりませんでした。