PR

英語の語順がわからない?暗記する必要なし!

英語の勉強を始めたらまずつまずくのが「英語の語順って難しい」ということですよね?

英語の語順は日本語とは違うので最初はとても戸惑うかもしれませんね。

でもわからないままだと英語の基礎がしっかり身につかず、レベルが上がったときに大きな壁にぶつかることがあります。

でも大丈夫です。この記事では英語の語順を理解するためのシンプルなコツをわかりやすく解説します。

この記事を読めば語順の基本がクリアになり、英文を読むのも書くのもぐっと楽になります。

英語と日本語の語順の違いがわからない?まずはここからスタート!

英語と日本語の基本的な語順のルールについて簡単に解説します。

英語の語順の基本は主語が先

英語では文を作るときに「主語、動詞、目的語」という順番が基本です。

例えば

「彼女はリンゴを食べます」は英語で “She eats an apple.”

ここで、「彼女」が主語、「食べます」が動詞、「リンゴ」が目的語です。

日本語と英語の語順の違い

日本語では動詞は文の最後に来ることが多いです。

しかし英語では動詞が主語の後すぐに来るのが普通です。

この小さな違いが英文を理解する上でとても重要になります。

英語学習における語順のコツ

英語学習で語順に慣れるためにはたくさんの例文を読んで、その構造を勉強することがコツです。

また文法のレッスンや教材を使って、基本的な文型を練習することも役立ちます。

英文の基本構造を理解しよう!

英語の基本的な文の構造について解説します。

単語の並び方を理解することが英文を上手に作る第一歩です。

主語とは?英文の始まりを知ろう

英文では最初に「誰が」に当たる主語を置きます。

これは話の主人公です。

たとえば

  • 「Tom eats.」(トムが食べます)という文では、「Tom」が主語です。

動詞の役割:文に動きをつける

次に動詞が来ます。「何をするか」を表します。

上の例で言えば、「eats」が動詞で、「食べる」という動きを表しています。

目的語で文を完成させる

最後に「何を」または「誰を」にあたる目的語を置くことで文は完成します。

「Tom eats an apple.」(トムがリンゴを食べます)では「an apple」が目的語です。

英語学習における語順の考え方のコツ

英語の語順を理解しやすくするためのコツを紹介します。

簡単なルールと例を使って英語の文の順番を見てみましょう。

語順の基本ルールを覚える

英語の語順は「主語 + 動詞 + 目的語」の順番で成り立っています。

これを基本として、他の要素が加わります。

  • 「She plays the guitar.」(彼女はギターを弾きます)

この文では「She」が主語、「plays」が動詞、「the guitar」が目的語です。

実例で語順をマスターする

実際の例文を使って学ぶことで、語順の感覚を掴むことができます。

「He gave her a book.」(彼は彼女に本をあげた)

例えば、この文では、「He」が主語、「gave」が動詞、「her」が間接目的語、「a book」が直接目的語となります。

このように例文をたくさん見ることで、自然と語順が身につきます。

英語の語順がわからない?暗記する必要なし!

語順は英語を話す上で大切です。

間違った語順のままだと英語の表現が不自然になり伝わりにくくなることも。

この記事では英語の語順について解説してきました。

  • 英語の「主語」「動詞」「目的語」の基本的な語順を学ぶ
  • 英文のルールと共通の文型の違いを理解する
  • 日本語と英語の語順の違いを例文を使って解説する

あなたの英語学習に役立つと嬉しいです。