PR

「人違いでした」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

脱毛

この記事では、日本語の表現「人違いでした」が英語ではどのように表現されるのかを詳しく解説します。

具体的な会話例を通じて、より自然な英語表現を学べますよ。

「人違いでした」の英語の説明と注意点

「人違いでした」は英語で“It was the wrong person”と表現します。

この表現は、誤って別の人を指したり、間違えたりした時に使います。

I’m sorry, it was the wrong person.
申し訳ありません、人違いでした。

この表現を使うときは、自分が間違えたことを認めて謝るニュアンスが含まれるので、聞き手に対して礼儀正しく伝えることが大切ですよね。

「人違いでした」を使った英会話の例

ラテ
ラテ

Is this John’s phone?
これ、ジョンの電話ですか?

モカ
モカ

No, it’s not. I think you have the wrong person.
違います。人違いだと思います。

「人違いでした」に関連する英語表現

同様に、「You’ve got the wrong number」は電話での人違いを表す際によく使われます。

  • “Sorry, you’ve got the wrong number.”
    「すみません、番号間違いです。」

ちなみに、”You’ve got the wrong idea”は「誤解してるよ」という意味になり、思考や考え方が間違っていることを指す際に使われます。

「人違いでした」を英語で聞いてみよう

英語の発音は口ずさむだけでなく、ネイティブの発音を聞いて模倣することが重要です。

“It was the wrong person”と発音される様子を聞き、繰り返し言ってみてください。

Yeah it was the wrong person but,
はい、それは人違いでした。でも~

私が「人違いでした」を覚えた体験談

ここで、ちょっとしたエピソードを紹介します。

大学時代、私は頻繁に図書館を訪れていました。

ある日、背中を見て友人だと思い込み、肩をたたいたら、全くの見知らぬ人でした。

その時、私は「Oh, I’m sorry. It was the wrong person.」と言いました。

その経験が、「人違いでした」を英語でどう表現するかを覚えるきっかけとなったのです。

このエピソードが皆さんの英語学習の助けになれば幸いです。

「人違いではないですか」は英語で何て言うの?

「人違いではないですか」は英語では”Aren’t you the wrong person?“と表現できます。

相手が本当に求めている人物ではない可能性を示唆する際に使いますね。

Aren’t you the wrong person? I think I was supposed to meet John.
人違いではないですか?会うべきはジョンだと思っていました。

「人違いだったらすみません」は英語で何て言うの?

「人違いだったらすみません」は英語で“If I have the wrong person, I’m sorry”と表現します。

自分が間違えているかもしれないという可能性を示しながら、あらかじめ謝罪の意を表す表現ですよ。

  • If I have the wrong person, I’m sorry. I thought you were my friend.
    もし人違いだったらすみません。あなたが私の友達だと思っていました。

「見間違い」は英語で何て言うの?

「見間違い」は英語で「mistake」や「misidentification」と言います。

“Mistake” は一般的に「間違い」全般を指し、「Misidentification」は特に「誤認識」や「人や物を間違えること」を指します。

I mistook him for someone else because of his similar appearance.
彼を見間違えたのは、似ている外見のせいでした。

しかし、「mistake」は非常に広い意味を持つので、文脈によって使い分けることが大切ですよね。

「誰かと勘違いしている」は英語で何て言うの?

「誰かと勘違いしている」は英語で「confusing someone with another person」と表現します。

この表現は、ある人を別の人と間違えている状況を指します。

  • I’m sorry, I was confusing you with someone else.
    ごめんなさい、あなたを別の人と勘違いしていました。

ちなみに、この表現は他人を間違えた時の謝罪や説明によく使われます。

「Person」と「People」の英語の違いは?

「Person」は「一人の人」を、「People」は「複数の人々」を意味します。

“Person” は単数形で、一人の個人を指し、「People」はその複数形で、グループや集団を指します。

A person can make a difference.
一人の人間が違いを生むことができます。

There are many people in this room.
この部屋には沢山の人がいます。

つまり、「Person」は個々人を、そして「People」は人々全体を表すのです。

まとめのクイズ

さて、記事で学んだ英語表現を用いた小テストの時間です。下記の3つのクイズに挑戦してみてくださいね。

1: If I have _____ person, I’m sorry. I thought you were my friend.
もし人違いだったらすみません。あなたが私の友達だと思っていました。

A) a wrong
B) the wrong
C) an incorrect

2: _____ you the wrong person? I think I was supposed to meet John.
人違いではないですか?会うべきはジョンだと思っていました。

A) Aren’t
B) Doesn’t
C) Isn’t

3: I’m sorry, _____ was the wrong person.
申し訳ありません、人違いでした。

A) it
B) he
C) she

答え:

1: B) the wrong
2: A) Aren’t
3: A) it

どの問題も正解できましたか?

このクイズを通じて、記事で学んだ表現をより深く理解できたことでしょう。

次回も新しい表現と共にお会いしましょう!

記事は見つかりませんでした。